2002年09月10日 (火曜日)

ADOSのCTO権さんの辞職に思う

話を聞いたときは驚いた。
XMLツールベンダーのADOSのCTO権(クォン)さんが辞めた。
権さんから直接連絡があった。「辞めたので会いたい」と。実はちょうど1ヶ月前の話だ。今日で、権さんとの約束の「時効」が切れた。文字通り、会社を作り上げてきた中心人物だったので、とても驚いた。
権さんは20年来の友人である。曰く「社長との信頼関係が決定的に崩れた。」 社内的なこともいろいろ話してくれたが、まあ、一方的な話を書いても仕方がないので省く。ただ、権さんの最大の心配事は、韓国と中国から連れてきた10人を超えるエンジニアの今後だ。権さんは、以前ソウルでソフトウェア開発会社を経営しており、アジア圏のエンジニア人脈は豊富で、ソウル大卒、北京大卒などの優秀なエンジニアを招聘していたのだ。しかし、ビザの問題や言語の問題があって、いざというとき彼らの国内での転職は簡単ではない。。。このようなハードルが下がって、国を問わず多くの優秀なエンジニアが国内で活躍できるようになれば、シリコンバレーのような活気が少しは国内のソフトウェア業界にもたらされるのかもしれない。

Posted by Pina Hirano at 2002年09月10日 16:33 | トラックバック
Comments

はじめまして、職業訓練校の保田と申します。

クォンさんとは、昨年ADOSでお会いして、いろいろ有益な助言をいただきました。こんごとも連絡をとりたいので、メールアドレスを教えてください。失業されたエンジニアのかたは低額ですが、職業訓練校の非常勤講師として、紹介します。

Posted by: hoda hirotaka at 2003年01月09日 11:49

ADOS社の社員で就職に困っている方がいれば、是非弊社に紹介して欲しいです。

お願いします。

Posted by: 秋元 at 2003年06月20日 19:39
Post a comment









Remember personal info?