2004年04月23日 (金曜日)

幸福の花

Click here for large picture

家で育てている幸福の木に花が咲いた。幸福の花と呼ぼう(笑)。

幸福の木(本名:ドラセナ)に花が咲くなど思ってもみなかったので、花芽が出てきたときは「いったいなんだろう」といぶかしがっていたのだが、2週間ほどで芽がぐんぐん伸びてきて花が咲いたのだ。

それにしても、幸福の木は、オフィスでも家でもどこでも見かける木だか、一度も花が咲いているのを見たことがない。

花は、見ての通り白く、小さな花が多数集まって1つの花のように見える(拡大写真)。それにしても香りがきつい。これだけで家中が花の香りで充満している。たまに換気しないとクラクラするほどだ。そして、蜜がやたら多い。蜜が茎や葉に垂れてベトベトしている。蜜が多い花は、自家受粉ができず虫や鳥の助けによって受粉する種に多いのだが、幸福の木もその一種か?

ネットでの情報によると、幸福の木の花は10年に一度ほど咲かないらしい。ということは、10年に一度ほどの素晴らしい幸運があるということか。ちょうど2004年度も始まったところ、素晴らしい幸運の年になることを期待したい。

Posted by Pina Hirano at 2004年04月23日 23:04 | トラックバック
Comments
Post a comment









Remember personal info?