2004年09月04日 (土曜日)

Blog 2周年

今日はこのBlogを開始してちょうど2周年にあたる。

最初のエントリにも書いているが、このBlogを始めたきっかけは、Joiと夕食をともにしたときにあまりにもJoiが熱く語るので、ちょっとやってみようという気になったことだ。あれから2年、Blogはいまやネット上で最もホットなテーマのひとつとなっている。

Blogを始めた当初は、極めて近い人しか読んでおらず、気楽に書いたものだ。しかしながら、この2年間、私は2つのBloggerの壁を経験した。

一つ目の壁は、読者が増え知らない人が読み始めた時。当初は、アクセス数が増えることは純粋に嬉しかった。マーケティングツールとしてのBlogの利用を考えていたので、リンクやトラックバックによるアクセス増を楽しんでいた。しかし、アクセス数が100人/日を超えるころから、プレッシャーを感じ始めた。自分の記録として書いているのか、読んでもらうために書いているのか?そして「面白い話題を提供しないといけないのではないか?」とか「タイムリーな話題を提供しないといけないのではないか?」というプレッシャー。結果として、更新が極めて少なくなった時期があった。

二つ目の壁は、私がインフォテリアの社長だと公然と知れるようになった時。以前は、このBlogにリンクを場合もインフォテリアの社長ということではなく全くの個人でやっていることを理解して、名前を出さないように配慮してくれる知り合いばかりだったが、読者が増えるにつれ「インフォテリアの平野社長」という文字を直接このBlogにリンクされることも、チラホラ見られるようになってきた。こうなると、私自身は、インフォテリア社長とプライベートを区別しているつもりでも、読者の方は区別して見ることはできない。「インフォテリアの社長」であれば、くだらない話題も書けないし、ちょっとしたビジネス的な話もコンフィデンシャリティに細心の注意を払わなければならない。このことには、少し悩んだが、結果としてはカミングアウトすることにした。カミングアウト第1弾が、「社長のブランチ」の開始だった。

今は、ある程度開き直って、インフォテリアの社長ではあるが私個人の記録としてこのブログを書いている。本当は、他の人のようにもっと気が利いていたり、タイムリーな「記事」を書きたい気持ちもあるが、実際のビジネスや経営上の話は書けないことがほとんどだし、平日は更新にあてる時間もなかなか取れない。

Posted by Pina Hirano at 2004年09月04日 19:16 | トラックバック
Comments

平野社長さま

東京八王子・ムラウチドットコムの村内伸弘と申します、
一週間前にようやくブログをはじめました。
まず手始めに様々な社長さんのブログを見て
ブログの可能性を勉強しております。

御社は経営陣やアドバイザリーボードの顔ぶれが
凄い豪華ですね!

その会社自体の存在感が、当初の目的とは
若干離れたブログになる方向に作用してしまったと
書かれているようですが、
それでも何だかすぐ目の前で平野社長さまが
お話しているように感じられるこのブログは
存在価値が大きいのではないでしょうか?

社長のお悩みを知ることができ、
ブログの活用についてのヒントも
得ることもできました。

大変お邪魔いたしました、
ありがとうございました。
陰ながら応援しております。

Posted by: ブログ社長 ムラウチ at 2004年10月19日 19:51
Post a comment









Remember personal info?