2004年09月11日 (土曜日)

キタ━━━(゜∀゜)━━━!!ボタンの意味と意義

CNETブログのエントリ「『キタ---!!!(゚∀゚)』ボタン?」の周りが賑やかだ。3日足らずで20ものトラックバックは、このコラム(Kenn's Clairvoyance)では最高記録では?

さて、このボタンの本質は「感性」のメディアだというところにあると思う。人の行動原理には、「本能」「感性」「知性」の3つの段階がある。これまでマスメディアに対して「双方向」といわれた装置は全て「知性」のメディアであったの対して、『キタ---!!!(゚∀゚)ボタン』は、より人の行動原理の内側に近づいた「感性」の装置であり、それがつながることによって「感性」のメディアになる。

CNETのエントリへの反応は、NTTの「テレゴング」やケーブルTVでの集計装置に触れているものがあるが、番号をダイアルしたり、ボタンを選んだりというのは明らかに知性の行動であって、『キタ---!!!(゚∀゚)ボタン』とは、似ているが本質的に違う。また、入力装置として携帯電話やリモコンが良いという話もあるが、これも違う。なぜならば『キタ---!!!(゚∀゚)ボタン』は、第一義的にそれそのものが感情の発露装置なのだ。感情の発露装置が繋がっているところに意味があるのであって、そこが携帯やリモコンとの本質的な違いだ。

そう、これまでの「双方向」メディアの試みが全て知性的行動に立脚していたのに対して、この『キタ---!!!(゚∀゚)ボタン』は感性的行動に立脚点があるところに大きな可能性を感じるのである。


おまけ:この装置が実用化されるとすれば、データ形式にはXMLが使われるだろうか。こんな単純なデータのためにXMLは冗長すぎるという話が出てくるのだろうが、さまざまな応用を考えるとすればXMLが良いだろう。KitaaaaXMLの開発は、うちがボランティアで請け負いましょうか(笑)。

Posted by Pina Hirano at 2004年09月11日 16:16 | トラックバック
Comments

トラックバックありがとうございます。
『キタ---!!!(゚∀゚)ボタン』面白いアイデアですよね。
ただ1つのボタンにすることで、余分な思考を排除し、より脳の中心部分に近づけるわけですね。
技術的な問題は比較的簡単に解決出来そうに素人からは思えますが、どんなものでしょう?
結局、問題はどうやってボタンを配るかでもなくて、
家の中で置き場所が見つかるかどうかだと思います。
わざわざ押しに行く状態では、意味をなさないと言うことでしょうから。
リモコンに実装とかが、良いんでしょうけど。
とにもかくにも、冗談のような本気のような。今後が楽しみです。

Posted by: tnmtsts at 2004年09月12日 12:53

トラックバックありがとうございます。
冗談みたいなことが世界をあっさり変えてしまうんですよね。
視聴率とかそーゆー従来型の世界から。

Posted by: こどー/たくひろ at 2004年09月12日 23:03

トラックバックありがとうございます。
久しぶりに身近で面白い話題でしたね。面白いというだけでなく実現できそうですし。置き場所はいつもテレビを見ている体勢で連打できる位置に置いておけば済むことなので是非実現してもらいたいものです(かなり本気で)。

Posted by: hikkyusan at 2004年09月13日 14:09
Post a comment









Remember personal info?