2004年09月23日 (木曜日)

なぜWebアクセスランキングに注目するのか?

ここのところ、このBlogではWebサイトランキングに注目しているが、これは興味本位のネタではない。マーケティング上重要な情報であり指標であるからだ。

他社のマーケティング関係者と話すときに、自社サイトのページビュー数やユニークユーザー数は把握している人は多いが、競合企業や競合サービスとのサイトと比べてどうなのかということに答えられる人はほとんどいない。自社サイトのアクセス動向の分析や、SEOの結果アクセスがどのように増えたかなどいう話は良く聞くが、他社と相対的にどうかという話はない。無理もない、他社のサイトのトラフィックを知る方法はないのだから。

しかし、である。市場内での競争があるかぎり、その相対ポジションは、マーケティング上重要な指標の一つだ。例えば、もし自社サイトのトラフィックが30%増えたとしても、競合サイトが2倍になっていれば、喜んでいる場合ではない。もしかしたら、自社が関係するテーマでの世間の注目が上がっており、その中で自社が遅れを取っているかもしれないのだ。しかしながら他人が管理しているサイトの正確なトラフィックを知る方法はないので、相対ポジションや動向を知るツールとして、このようなランキングが使えるのである。サンプリングなので、もちろん絶対的に正確ではないが、サンプル数1,800程度の国内の世論調査以上の信頼度はあると考えている。

競合会社や類似業態会社のトラフィックの情報が得られないからといって、全然違う業態の会社を挙げて「私が前いた会社は、月間100万PVあるから、うちも今の10倍は行くはず」などというのは、ほとんど意味のない比較であり目標である。このランキングを使うとそのような根拠のない話ではなく、自社サイトのポジションの把握と具体的な目標の設定も可能である。また、ランキングと一部トラフィックが公開されているサイトの情報を組み合わせることで、大まかに他のサイトがどのくらいのトラフィックがあるのかを予測できる。

ランキングを見るためのAlexaツールバーはこちら

※私は、Amazonの回し者ではありません(笑)。

Posted by Pina Hirano at 2004年09月23日 23:21 | トラックバック
Comments
Post a comment









Remember personal info?