2004年09月23日 (木曜日)

恐るべし中国インターネット人口

先日紹介したインターネットアクセスランキングサービスのAlexaのGlobal Rankingを見てみたところ、全世界のTop 10のうち、なんと5つが中国語(全て簡体)のサイト(下記の※印)だ。一方で、日本語のサイトはYahoo! JAPANが9位にかろうじて入っている1つのみ。

1.Yahoo!
2.Microsoft Network (MSN)
3.新浪网
4.Google
5.Sohu.com
6.网易
7.百度搜索引擎
8.3721
9.Yahoo! JAPAN
10.Passport.net

世界10位にランクインしている5つのサイトの3年間のランキング動向は以下の通りだ。これを見ると中国語のサイトが5つも入るようになったのは今年3月頃からだということが分かる。9月に入って一部下降傾向も見られ順位は落ち着いているようだが、既に日本語に比べて圧倒的なトラフィックが中国語コンテンツにあるということはネット全体を俯瞰するうえで重要な事実だろう。

注意:Top 10情報は2004年9月23日現在の情報、動向グラフは閲覧時点の最新情報が表示されます。

Posted by Pina Hirano at 2004年09月23日 21:48 | トラックバック
Comments
Post a comment









Remember personal info?