2004年11月06日 (土曜日)

トラベルカフェ5周年

今日は、友人の古閑君が経営するトラベルカフェ「BLISS」の5周年記念日だ。

表参道にあるそのカフェで記念パーティをやるというので、仕事が終わってから妻と一緒にお祝いに駆けつけた。店のそばまで行くと店の外まで人だかり。多くの人に好かれているんだなぁと、自分のことのように嬉しくなった。

古閑君は、同じ中学校出身で、高校は別だったがバンド仲間。早々と東京に出てきて、当時有名だったライブハウス「インクスティック」の店長をしていた。そんなにしょっちゅう会っているわけでもないが、昔から何かと一緒にやらかすことが多かった。例えば、新設校だった中学校の初の同窓会を我々第1期生の企画で卒業校の体育館でやったのだが、中身を同窓生のロックバンドのコンサートにしてしまった、とか。今年年初の「2回目の成人式」を企てたのも彼と2人で。私自身は、職業上突飛な発想をしにくくなっているが、彼と話していると無茶をやっていた頃の感覚が甦ってくる。

「理性」や「知性」を超えた「感性」って大切だよね。彼といると「感性」を刺激される。こういう友達がいることを本当にうれしく思う。もしかしたら「友人」と「知人」の境目ってそこらあたりにあるのかも知れない。

Posted by Pina Hirano at 2004年11月06日 23:37 | トラックバック
Comments
Post a comment









Remember personal info?