2004年11月13日 (土曜日)

GOOD LUCK

白状しよう。装丁だけで衝動買いした(笑)。

装丁からして、癒し系の本だと思ったが、全然違っていた。大人の童話(=教訓を含んだ短い物語)といったところだろうか?ページ数も少ないので、ちょっと時間のあるときに簡単に読める。私としては、装丁を割り引いても(笑)大いにお勧めなのだが、Amazonでの書評を見ると賛否両論。評価は極端に分かれている。

「チーズはどこへ消えた」や「アリとキリギリス」の二番煎じだという書評も多いのだが、ちょっと違うんだよな。書評を見る限り違いがわからない人も多いようだ。「チーズ・・」は、変わる者と変わらない者、「アリ・・」は、努力する者と怠け者という構図だが、この寓話はどちらでもない。「努力すれば報われる」とは言ってない。

確かに、「当たり前のこと」が書いてある。でも、それを「そんなの知ってるよ!」と切って捨てる人もいれば、「うんうん、そうだね。」と思う人もいる・・・そういうことだ。

注文を付けるとすれば、各章の終わりのまとめは蛇足だと感じた。無いほうがずっとスマート。なぜわざわざ付けたのか疑問である。これで印象を悪くしたり、評価を落としている点があると思う。その点を減点しても、私の評価がVery Positiveであることに変わりはない。

Posted by Pina Hirano at 2004年11月13日 11:58 | トラックバック
Comments
Post a comment









Remember personal info?