2005年01月01日 (土曜日)

おせち代わりに正月風刺身

突然帰省できなくなったので、東京には正月の準備は何もない。

元日にもかかわらず、お雑煮も、おせちもない。通りかかった近所の「さいしょ」に「準備中」の札がかかっていたので、開店時間を確認してお世話になることにした。カウンターに妻と二人座って正直に事情を白状し、「正月を感じられる刺身」をお願いした(笑)。写真がそれ。

まずは、別鉢の数の子。店で丁寧に塩抜きをした国産のカズノコに、荒削りの削り節。一目で見て手削りだとわかったので大将に言うと、鰹節そのものも、大井町に古くからある乾物屋のこだわりの鰹節とのこと。そして大皿は、ホタテ煮、こはだの粟和え、たらこ昆布巻、菊花蕪、鯛昆布〆、赤貝、本マグロのトロといった目出度い内容だ。おせちを食べたよりもハッピーな気分になった。。。というのは田舎には内緒(笑)。

Posted by Pina Hirano at 2005年01月01日 19:10 | トラックバック はてなブックマーク - おせち代わりに正月風刺身 このエントリーを含むはてなブックマーク
Comments
Post a comment









Remember personal info?