2005年04月25日 (月曜日)

ウィルスバスターがウィルスになった日

週末、ウィルスバスターによる被害が広がったが、うちの会社でも被害に遭った。

土曜日に個人情報保護法施行に伴う内装工事を行ったのだが、朝から出社していた管理部のコンピュータが動かなくなったのだ。正確に言うと、「極端に遅くなった」のだろうが、実際には「動かなくなった」と感じるほどだ。

本来、コンピュータの動作をおかしくするウィルスからコンピュータを守るためのソフトであるウィルスバスターが、まさにウィルスと同じような動きをし、しかも大量にばら撒かれてしまったのだから、残念ながら問題は大きい。

「ソフトウェアにバグは付き物だ」と、自嘲気味に言うのをソフトウェア業界では聞くことがあるが、この事件は、もはや「バグは付き物」では済まされなくなっていることを端的に示している。同じソフトウェアメーカーの経営者として、他人事ではない。

他社の例に見るまでもなく、企業の信頼は問題が起きたときの対処如何による。いかに適切に迅速に対応できるかだ。いまこそ、トレンドマイクロの信頼性が問われている。頑張れ、トレンドマイクロ。

Posted by Pina Hirano at 2005年04月25日 08:03 | トラックバック はてなブックマーク - ウィルスバスターがウィルスになった日 このエントリーを含むはてなブックマーク
Comments
Post a comment









Remember personal info?