2005年05月13日 (金曜日)

Web Service Considered Harmful?

幕張で行われているWWW2005に「Web Service Considered Harmful?」(ウェブサービスは有害か?)という刺激的なタイトルのパネルディスカッションを聞きにいった。

パネラーは、Adam Bosworth (Google), Jeff Barr (Amazon), Mark Baker (Developer's Day Chair), Tim Bray (Sun Microsystems)で、モデレータがRohit Khare (Commercenet)。面白い内容が期待できそうだ。会場に入ってまず驚いたのは、Amazonの吉松さんが壇上にいたこと。前に行って「Jeff Barr来てないの?」と吉松さんに聞いてみたら、Jeff Barrは病気で来れなくなって急遽ピンチヒッターを頼まれたのだという。

パネルディスカッションは、XMLの父の一人と言われる(本人は、Jon Bosakこそが父であり自分は父ではないと言っているが)Tim Brayのプレゼンテーションから始まった。Timは、昨秋に「The Loyal WS-Opposition」というWeb Services反対宣言を自らのブログに掲出して話題を呼んだが、基本的にその内容の説明から入った。その後、各パネラーが自論を展開。たいへん参考になる情報や意見が多かった。しかし、全員がWS-Harmful派だったので、そちらの方向からの話だけになっていて、願わくばMicrosoftやIBMのWS-Evengelistsが入るとさらに議論は深っただろうに。以下、いくつかのポイントをメモ。

■Tim Brayの示したWS-*の問題点

・WS-* 仕様は合計1,000ページ以上もあって複雑すぎる。
・WS-* 仕様を理解している人はほとんどいない。(米国の技術サミットでの事例を披露)
・簡単なメッセージングにまでWS-*を使おうとしていることは大きな問題である。
・歴史的にも普及する技術はSimpleなものであり、WS-*は到底Simpleとは言えない。

■Adam Bosworth のRSSやRESTとWS-*の比較(その1)


※"P"とはPで始まる言語、Perl, Python, PHPなどのこと。

■Adam Bosworth のRSSやRESTとWS-*の比較(その2)

Downgrade if not easy, flexible for allREST, RSS 2.0, AtomSOAP with WS-*
Loosely CoupledAB-
Coarse GrainedAB-
Can Cache ResponsesAF
Clear IntentBD
TransformableAC
AsynchronousCC
Queries vs. MethodsCF

※Asynchronoousへの言及に注目した。現在、どちらの技術でもMissing Pieceであり、今後様々なシステムに適用するにあたり大変重要なポイントとなる。

■Rohit Khareが示したSimon St. Laurentの言説

<CORBA/>
「Web Services are on their way to a CORBA-like market - sort of interoperable, vender-ridden and critically important to a small number of people.」

Posted by Pina Hirano at 2005年05月13日 15:30 | トラックバック はてなブックマーク - Web Service Considered Harmful? このエントリーを含むはてなブックマーク
Comments
Post a comment









Remember personal info?