2005年07月29日 (金曜日)

「ブログ資本主義」

「週刊東洋経済」7月30日号のカバーストーリーは「ブログ資本主義」。

BusinessWeekがブログをカバーストーリーにして以来、国内でどのビジネス誌が最初にブログをカバーストーリーにするかを気にしていた。そして、トップバッターは東洋経済だった。私は、「国内ではブログで解雇者が出たときでは?」と予想したのだが、これはめでたく裏切られた(笑)。

さて、その「ブログ資本主義」とは何か?それは、2:8の法則(パレートの法則)に象徴される「大衆資本主義」でなく、AmazonやiTunesの成功にみるロングテール理論が支配する新たな資本主義と位置づけてられている。このロングテール論については、業界内では今年の3月頃に話題になったのだが、一般向けには目新しい話題かもしれない。

ロングテール論においてブログは一例でしかないのだが、それをあえて「ブログ資本主義」と名づけて特集全体をうまく構成しているところがうまい。経済誌というドメインに合致していてキャッチー。内容は目新しくないという意見もあるが、経済誌にこのストーリーを持ち込む方法としてはなかなかのセンスだと思う。

Posted by Pina Hirano at 2005年07月29日 22:45 | トラックバック はてなブックマーク - 「ブログ資本主義」 このエントリーを含むはてなブックマーク
Comments
Post a comment









Remember personal info?