2005年10月02日 (日曜日)

地魚のかぶと煮定食 〔千本一@沼津〕

沼津漁港内にある「千本一」で地魚のかぶと煮定食。ちなみに病院住まいの妻には精神衛生上良くないので内緒である(笑)。

冬物のスーツを作りに行ったが、感じのいい生地がなく、時間が空いた。ここのところ休日もまともになかったので、昨日たまたま見たテレビでやっていた沼津の地魚を食べてみたくなり、沼津まで東名を飛ばした。

実は「丸天」という店を目指していたのだが、漁港に着いてみると「丸天」は長蛇の列。時間があるとは言っても病院にいく時間も決まっているので、隣にあった「千本一」に入って注文したのが「地魚のかぶと煮定食」、1,850円なり。

仲居さんに「今日の地魚は何ですか?」と聞いたら、「その時にある地魚です。出てからのお楽しみです。」とのこと。待つこと約10分。直径30cmはあろうかという大皿に大きなかぶと煮が盛られてきた。黒ムツである。これに、ライス、海老の味噌汁、茶碗蒸し、小鉢、香の物、酢の物、青海苔がついている。

味のほうは、さすがに新鮮な魚のかぶと煮。うまい。舌鼓を打った後は、東名で東京へトンボ帰り。

Posted by Pina Hirano at 2005年10月02日 12:10 | トラックバック
Comments
Post a comment









Remember personal info?