2005年11月14日 (月曜日)

名前を決めました

それにしても、名づけは難しい!気にしだすといろんなことが気になって、しかも、気にするほどパラメータが増えて最適解なしの状態に陥ってしまいます。。元々「英語圏でもわかりやすい名前にしよう」とだけ決めていたのですが、「画数がかなり悪かったら、大きくなってから『なんて名前にしたんだ』と言われかねないな」と思うと、「画数も一応見ておこうか」という事になり。。という具合で(笑)

最終的に決めた名前は、一応、名前本来の持つ意味が良い、英語圏の人でも読めて悪い意味ではない、画数で凶が入らない(実は五格すべて大吉)、という3つのポイントをクリアしたものになりました。これに決めるのに今日までかかりました。出生届ギリギリです。

しかーーーし!

いろいろと考えた挙句に名前を決めてから、親父に電話したら「名前の漢字の画数が全部奇数だろ?そら大凶名ばい。考え直したほうがよか。」と来た!確かに、5、11、7で全部奇数。そして、インターネットで調べたら確かにそういう情報が!

髭星人 - 『占い』その魅力(7)姓名判断 より
・陰陽配列
 各文字の画数を奇数は陽、偶数は陰とし、その配列で吉凶を占う方法です。全部が奇数、または偶数になる名前は大凶名で、順風満帆だった人生が、突然の不運に見舞われたりする例が多数みられます。奇数、偶数、どちらかに片寄った名前は命名の際、避けて下さい。

かなり凹みました。。

でも自分の名前はどうなんだ?と考えて調べてみたら、5、11、9、1、9、なんだ自分も全部奇数じゃないか!しかも、5文字もあって全部奇数!自分の子供には全部奇数の名前をつけておいて、「全部奇数はダメ」は無かろうということで、すぐに親父に電話。

私「俺の名前も全部奇数で大凶名ばい!」
父「あら、そがんや?」
私「そがんたい!」
父「あって、『郎』は10画だろ?」
私「『郎』は9画たい!」
父「あいた、『郎』は10画て思とったばい。」

というような親父ですが、まあ自分も大凶なら「よし、波乱万丈の人生を楽しめ」ということで決めた名前で通すことにしました(笑)。

というわけで、時間がかかったものの新しい家族の名前も決まり、この子のためにも更にがんばらねばと気合を入れる新米親父でした。

Posted by Pina Hirano at 2005年11月14日 08:41 | トラックバック
Comments
Post a comment









Remember personal info?