2005年12月25日 (日曜日)

RSウィルスとは?

RSウィルスに感染してしまった!実は巷ではメジャーだったらしいのだが、全然知らなかった。。

あなたは知ってますか?

ウィルスと言っても、コンピュータウィルスではない。本物のウィルスだ。

子供が咳がひどくなって救急病院に連れていったら、「RSウィルス感染症」と診断されて、そのまま入院。初めて聞く名前にとまどう私と妻。さっそくいろいろ調べてみた。

RSウィルスとは、
・風邪の原因となるウィルスの一つ。RS = Respiratory Syncytial 。
・3歳くらいまでにほぼ全ての子供が感染するメジャーなウィルス。
・1回感染しても再度感染し、何回か感染するうちに徐々に免疫ができる。
・6ヶ月未満の新生児が感染すると肺炎などの重症になることがある。死亡例もある。
・未熟児は気管が弱いことが多くより罹りやすい。
・母親の免疫がある時期(生後6ヶ月未満)でも罹る。
・流行時期は、10月頃~2月頃。
・鼻水の検査で検出できる。
・直接の治療薬はなく対症療法となる。
・6ヶ月未満で疑いのある場合は様子見をせずにすぐに病院へ!

さらに詳しい情報は、
国立感染症研究所感染症情報センター(感染症の話)

Posted by Pina Hirano at 2005年12月25日 23:00 | トラックバック
Comments
Post a comment









Remember personal info?