2006年05月12日 (金曜日)

Googleの順位アップでトラフィックが1.5倍に

Googleで「XML」を検索するとXMLマスターのページ(http://www.xmlmaster.org/)が首位になった。これまでは5~6位だったのが、最近首位になったようだ。

もちろん、上位に入っているのは以前からSEOをしているからだが、「XML」のように常にAdWordsが10個近く出るような人気ワードではSEOを行っても1位になるのは極めて難しい。1ページに入った後の順位は、SEOそのものよりも最近良く変わるGoogleのページランクアルゴリズム次第とも言え、今回の1位も実際に特別にSEOをやったり、外部リンクが急に増えたからではなくGoogle側で勝手に順番が変わったものだ。だから、またGoogleのアルゴリズムが変わればページやサイトの内容に関わらず順位が変わるのだろう。

さて、SEOを行う目的はできるだけ多くのトラフィックを呼び込むことにあるわけだが、5~6位と、1位でどのくらい差があるのか?「XML」の例での結果は、一日あたりのページビューで約1.5倍だ。XMLマスターでは広告やアフィリエイトは行っていないので、検索がトラフィックに占める割合が高いのだが、Googleの順位だけでこれだけの差がでるのだから、多くの企業がSEOに注力するのも良くわかるというものだ。

Posted by Pina Hirano at 2006年05月12日 23:00 | トラックバック はてなブックマーク - Googleの順位アップでトラフィックが1.5倍に このエントリーを含むはてなブックマーク
Comments
Post a comment









Remember personal info?