2006年06月27日 (火曜日)

6月じめじめ湿気のあるときのワインは・・・

今日のお勧めは「2003 BOURGOGNE PINOT NOIR ROBERT GROFFIER PERE & FILS」、ロベール・グロフィエの作品。

以下、某ソムリエのよるお勧めの談

体調にもよりますがこの季節はワインは、
重いものを飲みたくなくなる季節でもあります。

湿気があるときほどワインを飲む気にはさせないですね。
ベトツク感じが皮膚からの水分が体から蒸発しにくい分、
熱が内側にこもる感じがしますね。
冷たいものへの欲求が強くなる6月7月、
日本の気候風土は喉の渇き「喉越し」が重要です。
ヨーロッパにはない感覚です。
冷たいワインがほしくなるのは確かですが、
空腹時に冷たいものを飲むと夏ばてになりやすいので
ワイン販売店にとっては大変な時期です・・・

というわけで、
2003のブルゴーニュは猛暑。
熱つすぎた年、熟れすぎた年、
さらっとしたピノノワールが
濃くて酸味があまり育成されなかった分
のみやすく仕上がったワインです!!

Posted by Pina Hirano at 2006年06月27日 23:46 | トラックバック
Comments
Post a comment









Remember personal info?