2006年07月08日 (土曜日)

出会い系を瞬間体験?

今日は、名古屋に日帰り出張だった。予定は1時からだが、先方とランチを一緒しようという予定で11時半待ち合わせ。しかし、名古屋到着が遅れて遅刻気味。栄交差点に着いて先方の担当の方に電話をしたところ、「そこで待っていてほしい」とのこと。栄の三越前で待っていた。しばらくしたら、20代と思しききれいな女性が私の前にきて「平野さんですか?」。

担当の方は男性だったので、「代理の人が迎えに来たのか」と思う。会話は続く。

私 「はい、平野です。」

女性 「クワハラです。よろしくお願いします。」

私 「こちらこそ、よろしくお願いします。」

女性「どうしましょうか?」

私 「あ、すみません、ちょっと遅くなってしまったので、ランチ抜きでもいいですよ。」

女性「それじゃ、そのあたりの喫茶店にでも入りますか?」

私 「喫茶店ですか??」

(ランチ抜きなら、時間がないのでオフィスに直行したほうがいいのでは?)

女性「ええ、ほかの店でもいいですけど。」

私 「いや、もう時間もないし。。。」

女性「時間はたっぷりありますよ。」ニコッ

私 「え?」

(なんか、話が合わないな~)

私 「あの~、もしかして人違いじゃないですか?」

女性「平野さんですよね?」

私 「はい、平野ですけど。」

女性「じゃあ合ってますよ。私、クワハラです。○○○○ってサイトで昨日話しましたよね?」

私 「え?話してません^^;」

女性「でも、平野さんですよね?」

私 「○○○○○○社の人じゃないですよね?」

女性「え?違います。」 (困惑している)

私 「やはり、人違いですね。」

女性「でも私、ここで12時に平野さんと待ち合わせてるんですよ。からかってるんじゃないですよね?」

私 「いや、すみません、私ではありません。」(苦笑)

女性「すみませんでした。。」 (恥ずかしそうに)

そそくさと私のそばを離れるその女性。そして、5mほど離れたところに立っていた別の男性に声をかけている。どうもその人が正しい「平野さん」だったらしい。ほどなくして、行き先の会社の担当の方登場。同じ時間に同じ名前の出会い系の待ち合わせ相手と間違われるいるという珍しい体験だった(笑)。

Posted by Pina Hirano at 2006年07月08日 23:41 | トラックバック はてなブックマーク - 出会い系を瞬間体験? このエントリーを含むはてなブックマーク
Comments
Post a comment









Remember personal info?