2006年07月22日 (土曜日)

焦がし味噌ラーメン 〔五行@西麻布〕

久々にインパクトのあるラーメンである。焦がし味噌ラーメン840円なりにトッピングの茹でキャベツ100円を加えて。

外村の帰国に合わせて開催されたあなごを食べる会(?)の2次会は、タクシー2台に分乗して西麻布へ。星条旗通り沿いの目的地に着くと、予想通り店の外に行列が。。。それにもめげずMacBookやらW-ZERO3やらを取り出して待つ怪しげな6人組。30分くらい待っただろうか?ようやく店内に。

店内は、ラーメン屋に似つかわない落ち着いた雰囲気。テーブルや椅子もゆったりと置いてあり、その中のソファー席に案内された。早速ラーメンを注文しようとメニューを見ると、数多くの品々が並んだ後の最後のページに「最後に...」としてラーメンが書いてある。噂では聞いていたがここまで徹底しているとは。客単価×回転率は一風堂(系列)とどちらがいいのだろうなんて考えるのは無粋な職業病かぁ、などと思いながらラーメンを選ぶ。売りは、「焦がし味噌」か「焦がし醤油」だが、私としては「焦がし味噌」しかないでしょう。

しばらくして運ばれてきた「焦がし味噌」は真っ黒のスープ(写真)。具が良く見えない(笑)。味わってみると、ベースはトンコツのようだが、味噌を焦がした香ばしい香りが感覚を支配する。焦がした味噌の黒い粒が麺に絡み合ってなかなかいい感じだ。実は食べ進めてもぜんぜん麺やつゆが冷めず熱いままだ。たっぷりの油膜によって水蒸気が逃げないので冷めないのだという。なるほど。もともと油の多いラーメンが好きなので、ぜんぜん気にならなかった(笑)。さらに驚いたのが、「おひや」がアールグレイ(紅茶)のアイスティーだったこと。うーむ、徹底している。

「ラーメン屋」の常識を壊し、チャレンジ精神にあふれている。学ぶところがいくつもありそうだ。京都の五行と、博多の五行にも行ってみたくなった。

Posted by Pina Hirano at 2006年07月22日 11:32 | トラックバック
Comments
Post a comment









Remember personal info?