2006年08月20日 (日曜日)

Mac上でWindowsを快適に - Parallels Desktop

聞いてはいたがこれはすばらしい。MacBookにParallels Desktopを入れて、Windows XPを動かした。約60分でインストール終了。問題は一切なし。

約60分と言っても、ほとんどはファイルコピーの待ち時間。迷ったのは一箇所だけ。Windowsのキーボードを選ぶところで「106日本語キーボード」を選びたいのだが、Macには「漢字」キーも「全角/半角」キーもない。「かな」キーを押しても反応なし。正解は、「その他のキーボード」を一回選んで、その中から「106 Japanese Keyboard」を選ぶところ。

そのほかは、β版で問題ありとされていた無線LANも何もせずにつながったし、他のWindowsマシンとのファイル共有も問題なし。極めて快適にWindows on Macが動き出した(写真)。

Apple純正のBoot Campがブート切り替えであるのに対して、Parallelsは、Mac OS XとWindowsを同時に動かすことができる。Windowsの速度も何のストレスもなく快適だ。このソフトが、純正のAppleでなく、オープンソフトでもなく、新興のベンチャー企業からいち早くリリースされていることは注目に値する。このベンチャースピリットを見習いたい。

Posted by Pina Hirano at 2006年08月20日 18:28 | トラックバック
Comments
Post a comment









Remember personal info?