« 2003年12月 | メイン | 2004年02月 »

2004年01月26日 (月曜日)

Pina流社名命名の鉄則

元大塚商会の川崎さんと昼食を取った。

営業コンサルの会社を始めるという。社名は「MIPアシスト」で「エム・アイ・ピー・アシスト」と読む。Motivation, Innovation, Processの略なのだそうだ。まずはめでたい!
しかし、めでたい話なのだが「社名がイマイチですね。」と、水を差すようなことを正直に口にしてしまった。なぜか?私の企業命名の鉄則に反するからだ。相手が川崎さんなのでストレートに言ったが、シャイな私が他の方に言えるかどうかわからないので、ここで、私流の企業名のつけ方の鉄則を書かせてもらう。

それ自体に意味があること

⇒アルファベット3文字をそのまま読ませるのは最悪。アルファベット3文字にほとんどアイデンティティは見出せない。

「株式会社」「有限会社」は、後付にすること
⇒アイデンティティは、「株式会社」ではなく社名のはず。「株式会社」を強調したいなら別だが。たとえば、パーティの献花で社名が「株式会社」しか見えてないケースなども起こる。

インターネットドメインが取れること
⇒登記所の類似商号検査なんてどうでもよい。もし類似商号があっても他の地区に行けば登記できるののだから。それより重要なのは、.comや.co.jp/.jpなどのドメインが取れるかどうかだ。

社名は短くすること
⇒短いほど良い。英語でズラズラと長~い社名も良く見るが最悪だ。覚えてもらわなくて結構ですと言っているに等しい。子会社の場合は仕方が無いが。

50音順で上にあること
⇒これは、どこでもいわれていることでわざわざ述べる必要はない。50音順で上の位置、あ行が良い。一番いいのは「あ」で始まることだ。これは英語でも「A」となり、英語表記でも有利である。「おたくは良く社名が出ますね」といわれることがある。例えば10社でなにか実施したときに社名は通例50音順になる。その際に当然うちの社名は1~2番目にくることが多いのだ。記事になったとき単純に最初の3社をピックアップし「~など」とやられた場合でも社名が出るケースが多い。社名が多く出るのは偶然ではない。

とにかく、企業は大きかろうが小さかろうがアイデンティティを持たなければ独立している意味がないと考えている。大企業ほどCI(Corporate Identity)などといってアイデンティティを重視する傾向があるが、本当は小さいほどそれを大事にしないといけない。小さいからこそ、埋もれてしまいそうだからこそ、自分のアイデンティティをはっきりさせて存在を認めてもらうことだ。

2004年01月25日 (日曜日)

世界にいったい何ヶ国あるのか?

2001年に始めたXMLマスターが、ついに明日から世界展開となる。世界121ヶ国4,000ヶ所でXMLマスターの試験の受験ができるわけだ。

責任者として恥ずかしい話ではあるが、121ヶ国すべてを把握しているわけではない。121ヶ国というと、当然いわゆる先進国だけでない。いったいどのくらいの国を知っているのだろうかということで、今日、妻と大井町から蒲田までウォーキングをする間に知ってる国を1つづつ交互に挙げるゲームをしてみた。

2人で挙げることのできた国の数は112。残念ながら、121には及ばなかった。帰宅してみてネット調べてみたら、現在国の数は190を超えている。割と知られているのに2人とも出なかった国がちらほら。(^^; やはり弱いのは、東欧、アフリカ、中米だ。もともと関心が低いことに加え、政権も変わりやすい。

しかし、XMLマスターはこういった国でも受験することができる。参考までに、XMLマスターが受けられる国(地区)を挙げておこう。

>>> 続きを読む

2004年01月13日 (火曜日)

IT戦略本部への進言

とある筋からの要請で、e-Japan戦略を練っているIT戦略本部へのソフトウェアベンチャー企業の意見を内閣府に述べにいった。

内閣府の担当官2名だけかと思いきや、経済産業省から2名、総務省から2名、さらに名刺交換をしない人が後方に3名の合計9名。こちらは、アクセラテクノロジー社長の進藤さんと2人なので、ちょっと気後れする雰囲気だ。

>>> 続きを読む

2004年01月09日 (金曜日)

中国が日本を抜く日 (2)

北京に来ている。白酒を15杯ほど飲んでかなりいい気分だが、とりあえずBlog。。
昨日はIT教育会社(試験センターも兼ねる)の方々を対象にXMLマスターの説明会を行った。IT教育会社の興味も非常に高く、会場は完全に満員となっていた。

プロメトリック社の陳総経理によると、「以前は中国ではベンダー自身が認定者増加のために試験問題を漏洩したりするなど、IT試験そのものの価値が疑問視されていたこともあるが、現在ではセキュリティを万全にし、きちんとした教育と、それに基づく試験の価値を高める体制が整った」とのことだ。
 
そして、「これまではITベンダーを中心として教育・試験が行われていたが、これからのオープン時代は、テクノロジーを中心とした教育・試験が重要となる」と述べられ、参加した方々の大きな同意を得ていた。

個別の教育会社との打ち合わせでも、「試験に通るテクニックさえ教えればいいというところもあるが、うちの教育ではしっかりと技能を身につけてもらうということを重視している」と強調する総経理に出会うなど、中国で真剣にIT技術教育に取り組んでいらっしゃる方々の情熱をひしひしと感じた。

つい最近、携帯電話の加入数で中国が日本を抜いたとか、インターネットの接続数で中国が日本を抜いたとの報道がされたが、XMLマスターの取得者数で中国が日本を抜いたというニュースを聞く日も遠くないかもしれない。

2004年01月03日 (土曜日)

2回目の成人式

昨日は仲間と企画した「2回目の成人式」だった。

こういったところで歳を暴露する必要もないのだが、お題からして歳がばれる。(^^;
そう今日は2回目の20歳つまり40歳を祝う式典の日だ。熊本市内のKKRホテルで、熊本城内の加藤神社の宮司に来てもらってお払いをし、潮谷県知事を迎えて祝辞をもらい、あとはパーティ。

中学卒業以来初めて会うやつもいた。住吉君という似顔絵がとてもうまいやつだが、私が見つけて、
「お~久しぶり!変わっとらんね!」と言うと、
「平野やっ!ぬしゃ肥えたね~!」
「!!」
25年ぶりに会って第一声が「肥えたね」は無かろう!と思いつつも、そういう関係の仲間がいるといというのはうれしいね。

2004年01月01日 (木曜日)

A HAPPY NEW YEAR



今年の年賀状にはバジョカフォントを多用した。