« 2004年06月 | メイン | 2004年08月 »

2004年07月30日 (金曜日)

親子丼 〔今日のブランチ〕

近くの喫茶店「F」で親子丼。

親子丼そのものは美味しかったのだが、どんぶりが薄いため熱が通りやすいようで、どんぶりがやたら熱くて抱えて食べることができない。気が付いたことは言わないと気がすまないので、支払いのときに「どんぶりが薄すぎて熱いので、もっと厚いものに変えたほうがいいですよ。」と言ったら、「すみません、でも食器を揃えているので変えられないんです。」ということだった。デザインの統一はわかるが、機能性まで損なってやるのはどうかなぁ。どんぶりが変わらないなら、私はもう親子丼をこの店で食べることはないな。

2004年07月24日 (土曜日)

お好み焼き 〔今日のブランチ〕

近所のお好み焼き屋さんで、高菜&豚&キムチのお好み焼き。

写真を撮ろうとしたら、おかみさんが「写真とるなら、先に言ってよ~。もっときれいに作ったのに!」と一言(笑)。おかみさんの名誉のために付け加えておくが、見かけはパっとしないかもしれないが、とても美味しいお好み焼きだった。しかも、メニューには書いてないが必ず小鉢が2つ付くのも嬉しい。

2004年07月18日 (日曜日)

FOMAに変えてみたが...

ひと月ほど前に携帯電話をFOMAに変えた。しかし、あまりの使えなさに閉口している。

使えない1) 「圏外」が多すぎる。
使えない2) 電池の減りが早すぎる。
使えない3) キーの反応が遅すぎる。

>>> 続きを読む

2004年07月12日 (月曜日)

「ふじすえ健三」当選!

本日午前2:06分、NHKで「ふじすえ健三」の当確が出た!

朝日でふじすえの当確が出たのが投票当日の午後8時半頃。「一番慎重なNHKでの当確が出てからバンザイしよう。」ということで、事務所でNHKをじっと見つめていたが、なかなか当確が出ない。そして、待つこと実に5時間半。ようやくバンザイができた。最年少新人ながら党の得票順位で堂々10位での当選である。

>>> 続きを読む

2004年07月11日 (日曜日)

開票率1%で当確が出ると選挙に行く意味がないのか?

今日は参議院選挙の投票日である。今年は、多くの人に「投票に行きますか?」と聞いて回った。しかし残念なことに、私の周りでもおよそ2割程度は「行くつもりはない」という人がいた。中には投票用紙を普通のDMと同様に捨ててしまっている人もいた。行かない理由の中で、気になったのが何人かの人が「開票率1%で当確が出るような、あらかじめ決まっているような選挙に行っても意味がない」ということを言ったこと。実は、これは大きな誤解である。

>>> 続きを読む

2004年07月10日 (土曜日)

記事なのか?記録なのか?

ある人からメールをいただいた。私のBlogのエントリの仕方についてだ。要約すると、「PinaさんのBlogは、突然何日も前の日付でエントリが書き込まれることがあるが、バックデートで書かれると追加されたことがわかりにくいし、Blogの書き方としては書いた日付にするのが一般的なマナーではないか」ということだった。

確かに私は週末にかなりの分をまとめてアップしたり、下書きのままになっていたものを後から完成させて公開したりというのが基本パターンだる。時間の隙間を見つけて書いているので、ほとんどのエントリはリアルタイムではない。まさにご指摘の通りだ。

>>> 続きを読む

2004年07月08日 (木曜日)

ミックスサンド 〔今日のブランチ〕

大手町NTTデータビル1Fの喫茶店のミックスサンド。このビルにはいろいろな企業のデータセンターがあるが、ここに来たときはよく使う喫茶店だ。あまりメニューはないが、このミックスサンドは気に入っている。何が気に入っているかというと焼きたての玉子焼きがサンドしてあることだ。これにトマトが入っていれば最高なのだが、やきたて玉子焼きだけでも珍しいので好んで食べている。

2004年07月07日 (水曜日)

ブレードサーバーの基本特許が成立

トラストガードとインターネット総合研究所(IRI)が、ブレードサーバーに関する基本特許を、日本、米国、台湾で取得したことを発表した。(国内特許番号:第3565767号) ブレードサーバーとは、一つのラックに刀の刃状のコンピュータを数多く実装したサーバーであり、現在データセンターなどで活用されている。通常のサーバーでは、1Uあたりコンピュータ1台しか設置できないが、ブレード型にすることで1Uあたり3台以上のコンピュータを実装できる。

>>> 続きを読む

2004年07月04日 (日曜日)

サフィニアの剪定

サフィニアの枝がずいぶん伸びて、まとまりが無くなったので剪定した。サフィニアはもともと弦性の植物なので、放っておくとダラーンとなってしまう。そのために苗の段階で既に1度芽をカットしてある。花が咲いている状態での剪定には勇気がいるが、ここから先もう一度きれいな花を咲かせるためには、心を鬼にして剪定しなければならないのだ。