« 2004年10月 | メイン | 2004年12月 »

2004年11月28日 (日曜日)

和風ビーフシチュー定食 〔今日のブランチ〕

代官山の陶芸カフェ「陶」にて和風ビーフシチュー定食、1050円なり。

壊れたメガネを修理に出しにアバーロに行ったついでに。麦トロ定食(おかず2品付き)とどっちにしようか迷ったが、ビーフシチューに軍配が上がった。

2004年11月27日 (土曜日)

和みの会

今日は都内某所で「和みの会」だった。@IT社長の藤村さんが参加できないとのことで、今回の代表幹事は、IT Media編集長の浅井さんと私の2人。和みの会では、自分の身辺に変化があった人は近況報告するしきたりになっている。今回もこの近況報告を日本オラクル社長の新宅さんの乾杯の前にやったのだが、出るわ出るわ、乾杯までに30分以上かかってしまった(笑)。

>>> 続きを読む

2004年11月26日 (金曜日)

メガネ破損

赤坂で、お気に入りのメガネ破損(泣)

ぜいたく丼 〔今日のランチ〕

溜池山王のきときとで、おすすめランチの「ぜいたく丼」880円なり。

トロ、ネギトロ、甘エビ、イカ、イクラ、ホタテが載って、まさに「ぜいたく」だ。これに味噌汁がつく。これで880円はかなりのコストパフォーマンスと言って良い。大井町にも出店して欲しいものだ。

2004年11月25日 (木曜日)

ますの寿司 〔今日のランチ〕

富山名物「ますの寿司」である。

と言っても富山に行ったわけではない。東京駅の駅弁コーナーで見つけて買ってきた。気に入っている駅弁の一つだが、最初に食べたのは20年ほど前に金沢のアイオーデータ機器に行った際に、特急雷鳥の中で。その時は、アイオーデータ機器で仕事前の雪下ろしを手伝ったなあ。

>>> 続きを読む

東京みやげ「ひよ子」

いつか書きたいと思っていたこと。。

「ひよ子」というお菓子がある。これ、もともと博多銘菓で小さいころは博多みやげによくもらっていた。しかし、東京に来たら「東京みやげ」になっている。う~~む。

>>> 続きを読む

2004年11月20日 (土曜日)

GREE株式会社化で巻き返しなるか

GREEの株式会社化が発表された。(IT Mediaの記事

記事を読んで楽天の子会社としての発足かと思ったら、一応楽天は10%しか出資しない独立会社。いわゆるスピンアウト型のスタートアップだ。新しいベンチャー企業の誕生ということで、まずはめでたい。夏以降mixiとの差が広がっており(図)、やはり個人の運営では限界があるのではないかと想像していた。

>>> 続きを読む

ポインセチアの市場規模は?

大井町も駅のあたりを中心にしてクリスマスの雰囲気が濃くなってきた。

花屋はどこもポインセチアでいっぱいだ。いや、花屋だけでなくスーパーもレストランもカフェにもお客さんのいそうな場所にはどこでもポインセチアを見かける。もしかしたら季節の花としてはいまや最も大きな市場を形成しているのではないか。クリスマスを感じつつそんなことを考えてしまうのは職業病か(笑)。

>>> 続きを読む

2004年11月19日 (金曜日)

ソフトウェアとソフトウエア

最近「ソフトウエア」という記述が気になる。「エ」を大文字にすることがだ。

日経IT Professionalや日経コンピュータの寄稿で「ソフトウェア」を「ソフトウエア」に直された。日経BPでは「ソフトウエア」が作法とのこと。私はずっと「ソフトウェア」を使っているので、もしかして自分が世の中の常識からずれてきているのかと思いGoogleで検索する※1と、「ソフトウェア」は4,490,000件、「ソフトウエア」は787,000件(2004/11/19 2:00AM現在)。ずれている訳ではないようだ。

>>> 続きを読む

2004年11月18日 (木曜日)

企業ディスクロージャーの強化とXBRL

西武の件やアソシエントの件など、このところ企業の情報開示(ディスクロージャー)が問題となっており、対応策に関する文書を金融庁が公開した。ディスクロージャー制度の信頼性確保に向けた対応について (金融庁:2004/11/16)

この中で特筆すべきは、XBRLの推進を明言している点である。XBRLの推進のための協議会を発足するとのこと。

>>> 続きを読む

クリックで拡大

SOAとROAの関係

最近SOAの説明において、「今までITは効率化の面で企業の『コスト優位戦略』には貢献してきたが、『差別化戦略』への貢献はまだまだ」として、SOAがまさに『差別化戦略』への貢献のキーとなる」という話がある(写真は日本IBMのSOAのプレゼンテーションから)。企業の競争力を高めるこの2つの戦略はマイケル・ポーターの挙げる3つの競争戦略理論のうちの2つでもある(もう1つは『集中化戦略』)。これからITが『コスト優位戦略』だけでなく『差別化戦略』にさらに貢献しなければならないことは、私も確かにそのとおりだと考えるし、多くの人が同意するだろう。

さて、ここで私は、SOAがさらにその先の競争力にも貢献するであろうということに言及したい。

>>> 続きを読む

2004年11月17日 (水曜日)

沖縄定食 〔今日のランチ〕

大阪梅田で沖縄料理店の日替わり定食を食べる。

そーみんちゃんぷる、ラフテー、ゴーヤコロッケ、沖縄そばにサラダとご飯という内容。沖縄オンパレードである。めったにない定食だが写真を撮り忘れたのが残念!

2004年11月16日 (火曜日)

SEC設立記念講演会

SEC (Software Engineering Center)の設立記念講演会が東京ドームホテルで開催された。

SECの設立は、日本の国策としてソフトウェアを重視していこうということで、喜ばしいことだ。挨拶に立った経済産業省の豊田商務情報政策局長の話の中でも「ある調査ではソフトウェア輸入は9,000億、輸出は90億と、かなりの輸入超過」でありソフトウェア産業の強化が急務であると述べられた。しかし、残念なことに現時点では、SECは組み込みソフトウェアと企業向けSI(エンタープライズソフトウェア)にのみフォーカスが当たっており、ソフトウェア・プロダクトにはフォーカスは当たっていない。私は、ソフトウェアはライセンス提供こそが国外に対して価値を提供できる(=輸出できる)重要な方法だと考えるのだが。。

>>> 続きを読む

SEC設立記念講演会

SEC (Software Engineering Center)の設立記念講演会が東京ドームホテルで開催された。

SECの設立は、日本の国策としてソフトウェアを重視していこうということで、喜ばしいことだ。挨拶に立った経済産業省の豊田商務情報政策局長の話の中でも「ある調査ではソフトウェア輸入は9,000億、輸出は90億と、かなりの輸入超過」でありソフトウェア産業の強化が急務であると述べられた。しかし、残念なことに現時点では、SECは組み込みソフトウェアと企業向けSI(エンタープライズソフトウェア)にのみフォーカスが当たっており、ソフトウェア・プロダクトにはフォーカスは当たっていない。私は、ソフトウェアはライセンス提供こそが国外に対して価値を提供できる(=輸出できる)重要な方法だと考えるのだが。。

>>> 続きを読む

2004年11月15日 (月曜日)

それでも夢を語り続けることができるのか

時を重ねれば、変化もある。困難もある。現実もある。

「それでも夢を語り続けることができるのか」

経営者が語り続けなければ、もう誰も語らない。

2004年11月14日 (日曜日)

味玉塩とんこつ@大井町ラーメン 〔今日のランチ〕

以前ここでも紹介した「鹿○ラーメン」が、いつのまにか店構えも変わり「大井町ラーメン」になっていた。

メニューは、「塩とんこつ」と「醤油とんこつ」の2種をベースに、「味玉子」「チャーシュー」などのバリエーション。悩んだが、「味玉塩とんこつ」にした。味のほうはなかなか良い。スープを最後まで飲んだ。但し「メンマ抜き」にしなかったのは失敗だった。やはり、とんこつラーメンにメンマは合わないと再認識した。

2004年11月13日 (土曜日)

アリエル・ネットワーク

昨日、ワークスアプリケーションズが国産P2Pパッケージベンダーアリエル・ネットワークを完全子会社化することを発表した。アリエルの全株式をワークスの595株と交換するということで、時価総額は約2億円となる。これまでに開発した技術がより活かされることを願ってやまない。

今週の「敗軍の将」

今週の日経ビジネスの「敗軍の将、兵を語る」は、「ほりえもん」こと堀江貴文氏。

相変わらずの「ほりえもん節」に思わず笑ってしまった。日経ビジネスで『あれっ?みたいな。』だもんね。「敗軍の将、兵を語る」を読んで声を出して笑ったのは、これが初めてじゃないかな。これだけ個性が強いので賛否両論、議論百出なのはよくわかるが、この超個性もValueの一つであるのは間違いない。

GOOD LUCK

白状しよう。装丁だけで衝動買いした(笑)。

装丁からして、癒し系の本だと思ったが、全然違っていた。大人の童話(=教訓を含んだ短い物語)といったところだろうか?ページ数も少ないので、ちょっと時間のあるときに簡単に読める。私としては、装丁を割り引いても(笑)大いにお勧めなのだが、Amazonでの書評を見ると賛否両論。評価は極端に分かれている。

>>> 続きを読む

ドライカレー 〔今日のブランチ〕

セパレート型のドライカレーだ。サラダと柿のヨーグルトを添えて。柿のヨーグルトと言っても、プレーンヨーグルトに柿を小さく刻んで入れたものだ。

セパレート型のドライカレーというと「パク森」を思い出す。以前、妻と訪ねた横浜のカレーミュージアムで食べた。本店は、市ヶ谷にあってXBRLの会合に出席するときにいつも横を通るのだが、いつも満員でまだ本店では食べたことがない。

2004年11月12日 (金曜日)

「日本の集計」と「日本の連携」

今日、ウィングアーク社との提携を発表した。ウィングアークは、以前「バイアウトを活用して外に出た日本企業の40代」のエントリでも取り上げたが、今年MBOで設立されたベンチャー企業だ。社長の内野さん以下、とにかく元気がいい。

今回は、「日本の集計」がキャッチのDr.SumとうちのASTERIAとの直接の連携を発表したものだ。Dr.Sumのキャッチに倣うなら、ASTERIAはさしずめ「日本の連携」といったところか。

>>> 続きを読む

「おすすめ御膳」 〔今日のランチ〕

今日のランチは、NTTデータ本社36階の社員食堂(というにはかなりお洒落)で、SCAW Expoの関係者と方々と。「おすすめ御膳」の内容は、キンメ鯛と大根の煮付け、茶碗蒸し、季節の小鉢2つに、おしんこ、ご飯、味噌汁におしること充実。見た目にも豪勢であるが、これで1,200円という値段はさすが社食。

>>> 続きを読む

EAIにシフトするERPストーリーを語れたか?

SCAW Expo 2004の「特別鼎談:ERPの次に来るもの」無事終了。
なんでも、我々の「特別鼎談」の申し込みが基調講演を超えて申込者が一番多かったらしい。感謝感謝。

さて、鼎談のテーマでの私のポイントは「ERP(Enterprise Resource Planning)が対象とすべき資源(Resource)が社内の固定化されたものだけではなくなっている」ということ。これだけで理解してもらえる人も多いだろう。

>>> 続きを読む

2004年11月11日 (木曜日)

各種IT資格がITSSに対応

日経IT Professionalの11月号に、各種IT資格がITSSへの対応マップが掲載された。これは、ITSSユーザー協会がまとめたもの。記事タイトルには「ベンダー資格もITSSに対応」とあるが、実はベンダーニュートラル資格も多数含まれるので正確ではない。

XMLマスターは、XMLマスター:ベーシックが「ITスペシャリスト」「アプリケーションスペシャリスト」「ソフトウェアデベロップメント」の「レベル1」にマッピングされている。また、XMLマスター:プロフェッショナルは、「アプリケーションスペシャリスト」「ソフトウェアデベロップメント」の「レベル2」にマッピングされている。

>>> 続きを読む

売れる電車男

知らない間に「電車男」が出版されていた。大井町の書店でも平積みにされていた。写真を撮ろうとしていたら、なんとその間に2人も「電車男」を買っていった。写真の「電車男」に他の本の影が見えるのは、そこだけ凹んでいるからだ。他の本を持ってレジにに行ったら、レジにも平積みされていた。

2004年11月10日 (水曜日)

会議弁当と首相官邸のつわぶき 〔今日のランチ〕

業界の会合でランチミーティング、いわゆる会議弁当だ。

今日は逢沢外務副大臣を迎えて。そのためかどうか知らないが松茸のおこわが入っていて、ちょっと高級。写真を撮る雰囲気ではなかったので、会議からの帰路で見かけた首相官邸のつわぶきを添えてみる(笑)。

2004年11月09日 (火曜日)

EAIにシフトするERPストーリーを語る(つもり)

今週金曜日(12日)、「SCAW Expo 2004」というイベントの中で少し話せというリクエストをいただいている。「特別鼎談(ていだん)」ということでディスカッション形式だ。テーマは「ERPの次にくるもの」ということなので、e-Tetsuさん古澤さんarclampさんにもコメントをいただいた「EAIにシフトするERPストーリー」にも触れてみようと考えている。

>>> 続きを読む

カルボナーラ 〔今日のランチ〕

少々遅めのランチ。PRONTOの「半熟玉子のカルボナーラ」680円ナリである。見かけはNothing specialだが、結構うまい。

オフィスのそばにPRONTOができて1年くらいになると思うが、ランチをここ大井町店で食べたのは初めてである。PRONTOは、昼はカフェ、夜はバーというユニークな二毛作業態のFCで注目されたが、他に類似業態のFCが出てこないのはなぜだろう?

2004年11月08日 (月曜日)

塩サバ弁当 〔今日のランチ〕

たまにお願いするのが「魚」がメインのおかずになった弁当。今日は、塩サバ。

塩サバ以外は、明太子の煮付け、野菜の煮付け(にんじん、しいたけ、さやえんどう)、きんぴらごぼうだ。いかにもヘルシー(笑)。

「生き方」

久しぶりにBookshelfネタを。京セラ創業者、稲盛和夫氏の「生き方」。2ヶ月ほど前に読んだが、共感するところが多かった。同時期に発売されたベストセラー経営書としては、「稼ぐが勝ち」の対極にある本だろう。

>>> 続きを読む

2004年11月07日 (日曜日)

祝!10万位内突入

Alexaのアクセスランキングで、このサイトが10万位内に突入した。10万位内に入るとアクセスランキングの推移が記録されるというメリットがある。10万位以内なら3年間遡ってアクセスの推移をグラフで見ることができるのだ。

>>> 続きを読む

サンドイッチ 〔今日のブランチ〕

サーモンとタマゴのサンドイッチである。ブロッコリー、トマト、柿を添えて。

今日は、サンデープロジェクトは休みで第36回全日本大学駅伝対校選手権大会である。アメリカ大統領選を話題にして政治経済の論者の話がきけるかと思っていたので少々残念。

クリスマス近し?

クリスマスと言えば第3四半期の終わりを意味する。だから仕事上では、いますぐ来られると困るのだけれども(笑)、巷ではハローウィンも終わりクリスマスに向けて準備が始まっている。うちのマンションの入り口にも、大家さん自慢の花壇の中にトナカイのイルミネーションが飾られてしまった。

>>> 続きを読む

2004年11月06日 (土曜日)

トラベルカフェ5周年

今日は、友人の古閑君が経営するトラベルカフェ「BLISS」の5周年記念日だ。

表参道にあるそのカフェで記念パーティをやるというので、仕事が終わってから妻と一緒にお祝いに駆けつけた。店のそばまで行くと店の外まで人だかり。多くの人に好かれているんだなぁと、自分のことのように嬉しくなった。

>>> 続きを読む

EAIにシフトするERPストーリー

このところ、メジャーなERPベンダーがこぞってEAIの機能・製品に力を入れている。

例えば、大手ではSAP Netweaverの「XI 3.0」、国産ではSCAWの「eTrans」など。ERPは、もともと社内のあらゆるリソースを一つのプラットフォームで管理し「全体最適」のインフラを整備し迅速な経営判断を行うためのものであった。そのために、ERP各社は、財務、製造、営業、人事などといったモジュールを次々と開発し囲い込みを進め、その統一プラットフォームに載せる戦略を取ってきた。これはある意味で、それぞれ既存のアプリケーションを連携させるというEAIとは対極にある考え方であった。

>>> 続きを読む

2004年11月04日 (木曜日)

一風堂の白丸元味 〔今日のランチ〕

五反田の一風堂で白丸元味の煮玉子入り。やっぱラーメンにはきくらげの入っとらんとね(笑)。

ランチのはずだが、食べる時間がなかなか取れずに結局5時半になってしまった。替え玉したいほど腹が減っていたが、このあと立食パーティもあるので、我慢我慢。

2004年11月03日 (水曜日)

からすみスパゲティ 〔今日のブランチ〕

からすみのスパゲティである。スパゲティ屋でもめったに見かけないが、これが結構美味い。

国内で売られているからすみの多くは実は輸入品だ。妻が、オーストラリアのからすみ業者の通訳をしたときにお土産にもらってきた上物をふんだんに^^役得役得。

>>> 続きを読む

2004年11月02日 (火曜日)

“本日のカレー” 〔今日のランチ〕

会社のそばの喫茶店の「今日のカレー」は、ハンバーグカレー。ミニサラダ、コーヒー付き。

乗っているハンバーグはどう見ても冷凍だ。まあ、サラダ、コーヒー付きで780円だから良いほうか。

2004年11月01日 (月曜日)

Yet Another おにぎり 〔今日のランチ〕

今日も、「心亭ゆのたに」のおにぎり3個である。シャケ、梅しそ、焼きたらこの3種。

おにぎりを食べながら社内メールを処理。今日で組織変更をして1ヶ月。実施に時間がかかったので、実質は3週間。フロントを大きく変えたので軋みがまだ残っていて、その関係のメールが数通。