2007年05月03日 (木曜日)

ジューシーオレンジ

熊本から「ジューシーオレンジ」なるものが届いた。

宅配便の品名欄に「ジューシーオレンジ」と書いてあって、聞き覚えのない名前だったので愛称かなにかかと思ったらなんと品種名だった。私が熊本にいたころにはなかった品種だな。と思って、調べてみたらなんと昭和10年に発見されてその後「河内晩柑」として売られていたものと判明。農家の出としては勉強不足なり(笑)。

大きさはちょうどグレープフルーツと同じくらい。色は薄めの黄色で、玉が少し縦長になっている。付属の説明書きを読んだら、グレープフルーツと同じようにカットして食べると良いと書いてある。

>>> 続きを読む

2006年11月09日 (木曜日)

千葉県のロゴ制定

デザインには好き嫌いが出るものだ。新しい千葉県のロゴデザインには県民から批判噴出らしいが、これは単に好き嫌いの問題なのだろうか?

参考:新しい千葉県ロゴの作成について

>>> 続きを読む

2006年10月24日 (火曜日)

ばってん荒川さん逝去

たまがった!

逝去の報にもたまがったばってん、まだ69歳という歳にもたまがった。おっが中学生のころにはすでに婆さん役として定着しとったけん、実は30代のころから婆さん役の板についとったこつになるばい(笑)。

>>> 続きを読む

2006年06月10日 (土曜日)

肥後グリーン

熊本からメロンが届いた。

その名も「肥後グリーン」!! 私のためにつけたような名前じゃないかっ(笑)。その名の通り、切っても赤くも黄色くもない(^^; 切ってもグリーンのメロンだった。

>>> 続きを読む

2006年02月17日 (金曜日)

一転、快晴の出張

昨日は飛行機も欠航する程ぐずついた天気だったのが、今日は一転、朝から快晴となった。予定通り2社の訪問を終え、熊本空港へ。少し時間があったので、道すがら師匠の経営するデザインオフィスに寄り、遅いランチとして、ごちそうになったのは、近所のラーメン屋「肥後ラーメン」の「太平燕」。600円なり(師匠の奢り)。

「太平燕」を食べ終わると、空港へ。雨上がりの快晴なので空気が澄んでいて、阿蘇がくっきりと綺麗に見える。

>>> 続きを読む

からし蓮根マヨネーズ

熊本のおみやげの定番「からし蓮根」。熊本空港のおみやげ物コーナーで物色していたところ、写真のような案内が。

からし蓮根にマヨネーズをつけて食べると、あら!不思議・・・うまかバイ^^
>>> 続きを読む

2006年02月16日 (木曜日)

暗雲立ちこめる出張?

今日は熊本に出張。これまでも出張で熊本に行ったことはあるが、これまでは講演などのためばかりで、実はインフォテリアの営業活動で来るのは初めてである。

なぜ営業活動に赴いたかというと、ASTERIAは既に全国200社以上の企業で使っていただいているのに、出身の熊本県では1社も採用実績がないからだ。社内でも肩身が狭い(笑)。

>>> 続きを読む

2005年11月08日 (火曜日)

太秋

熊本から秋の味覚の柿が届いた。

最近熊本で売り出し中の品種で「太秋」(たいしゅう)というものだが、実は初めて食べた。味は、思った以上に甘く、シャリシャリ感があってそれでいてジューシー。これまで食べた柿の中でも圧倒的に美味しい。店頭では、少し値段が張るようだが、ぜひ一度食べてみるべし。

>>> 続きを読む

2005年09月25日 (日曜日)

馬かカレー 〔レトルト@熊本物産〕

「馬かカレー」である。「ばかカレー」ではなく「うまかカレー」と読む。熊本弁の「うまか」と「馬」をかけてあるわけだ(笑)。

高校の同窓会の地元物産販売で買ったものだが、これまで食べずにおいたら賞味期限が過ぎてしまったのであわてて食べることに(笑)。箱の中にはレトルトのカレーが一食入っていて、牛肉や豚肉の代わりに馬肉が入っている。

>>> 続きを読む

2005年09月07日 (水曜日)

台風14号

昨日超大型の台風14号が九州を襲った。

中心気圧935hPa、衛星写真でも台風の目がはっきり見える。米国で大きな被害を出したカトリーヌより大型ということで、大変心配していた。実際、熊本の実家のあたりを台風の目が通ったのだが、幸いなことに家もみかん畑も大きな被害はなかった。

他の地区では、大きな被害も出ているところもある。心よりお見舞い申し上げます。

2005年08月05日 (金曜日)

熊本もっとがんばらねば!

熊本経済同友会からのお招きでIT活用研究会というところで講演をさせてもらった。

お題は、「熊本で見る夢は世界で叶えることができるのか?」

かつて私が熊本にいたころ「世界で使われるソフトを作りたい」と考えた夢から、ベンチャー企業の実態や、私の熊本への思いを語った。

>>> 続きを読む

2005年06月11日 (土曜日)

女子応援団

今日は母校(高校)の同窓会があった。年に一度の全同窓生の集まりで大学生から80歳を超える方々まで例年500人以上が集まる。毎年、いろいろと趣向を凝らしているのだが、今年特に目を引いたのは「女子応援団」。

>>> 続きを読む

Kiss Kikka

同窓会の宴席に出ていた「Kiss Kikka」という白ワインを飲んだ。熊本の地場ワインということで、正直に言ってあまり期待していなかったのだが、これが意外といけた。しかも、原料のシャルドネが100%熊本県鹿本郡菊鹿町産とのことで二度びっくり。

>>> 続きを読む

2005年05月29日 (日曜日)

カップ太平燕

インスタントのカップ太平燕を大井町のイトーヨーカドーで妻が発見。マルちゃんからの発売だ。いよいよ、太平燕もメジャーデビューか?レトルトのゆで卵(半分)入り。実際に食べてみたが、味は正直言っていまいち。。残念っ!

>>> 続きを読む

2005年05月22日 (日曜日)

スイカの季節!

やっぱり熊本のスイカは、うまかっ!

今朝思いがけず熊本産のスイカを丸々1個いただいた。冷やして食べたら、うーん、うまかーーっ。やっぱスイカは熊本が最高ばい!(笑)。生産量が全国一のことだけはある。いただいたスイカには生産者の写真入りシールが張ってあって、そのシールによると「夢大地かもと」という種類で、「鹿本の西村さん夫婦」の作らしい。

>>> 続きを読む

2005年05月04日 (水曜日)

太平燕 〔自作〕

インスタントをベースに太平燕(たいぴーえん)を作った。揚げ玉子、豚肉、むき海老は自家製。

今回は、前回に比べて揚げ玉子がきれいに揚がった。コツがつかめたと思う。これからは、任せなさい!(笑)

2005年04月02日 (土曜日)

花見ばい 2005

砧公園にて花見。

毎年4月の第1土曜日に高校の同級生で集まって花見をしている。昨年の第1土曜は桜が満開でタイミングぴったりだったのだが、今年は早過ぎた。ほとんど全ての桜が蕾の状態。まあ、それでも酒が飲めればいいのでということで、予定通りに決行。(写真後方の微妙に桃色がかっている木が桜)

>>> 続きを読む

2005年03月20日 (日曜日)

くまもと誘友大使とマグマ大使

でこぽん大使」を心待ちにしていたら、熊本県から「くまもと誘友大使」というのを作ったので大使の一人になってほしいとの連絡をもらった。

熊本出身のコロッケさん、八代亜紀さんなどの著名人がこの1月に就任されていて、私も言いだしっぺの一人として大使になるのは「喜んで!」というところなのだが。。

>>> 続きを読む

2005年02月27日 (日曜日)

Click for large image

桃の花に思う「農業は博打である」という側面

実家の畑を歩いていたら、もう桃の花が咲いていた。

きれいな桃の花を眺めながら、「農業経営はベンチャー経営に似ている」とあらためて考えた。特に毎年植えるものを変えられない果樹系はその色合いが濃い。

3年後、5年後に売れる品種を選び苗を購入し植える。畑は限られているし、ある程度のボリュームがないと出荷できないので、特定の品種に絞り込む。未来に向けた「投資」であり「賭け」である。

>>> 続きを読む

2005年02月26日 (土曜日)

人は死ぬ

祖母が他界した
昨日のことだ

「人は死ぬ」
あたりまえの事実だが
日常では意識しないことが多い

しかし今こうやって死を目の当たりにすると
自分の命の砂時計の砂も刻一刻と落ちていることを
また強烈に意識させられる

>>> 続きを読む

2005年02月12日 (土曜日)

パザパ

いきつけのバーの名前だ。

いきつけと言っても、場所は熊本なので東京に来てからは年に一回程度しか行けないが(笑)。博多からまた特急有明で熊本に戻って、栄通り沿いのビルの3階のドアを開けた。開店前なので客は誰もいないし、マスターも名物のピロシキの仕込み中。夕食はまた博多で約束があるので、まだ営業時間ではないが、もう5年以上キープしているWILD TURKEY RYEを一杯いただく。

>>> 続きを読む

2005年02月11日 (金曜日)

味千ラーメン 〔今日のランチ〕

熊本ラーメンを腹いっぱい食べるために、熊本に着くまで食事を我慢した。

西原中学校時代からの友人2人に熊本空港まで車で迎えに来てもらい、向かったのは彼らおすすめのラーメン店「興安」(こうあん)。健軍の住宅街にある。しかし、「興安」は、午後6時開店で開いてなかった。そもそも、店の親父の気分が乗らない日は開店すらしないらしい。

>>> 続きを読む

初スカイネットアジア

中学校の同窓会で熊本に帰る。卒業以来2回目、25年ぶりの学年同窓会だ。

東京から熊本と宮崎だけに飛んでいるスカイネットアジア航空というローカルな航空会社がある。スカイマーク、エアドゥに続いて設立されたローカル主体のベンチャー航空会社だ。以前から利用したかったのだが今回初めて乗った。システム化を抑えたり機内のサービスを減らすなどのコスト削減で低料金を実現している。

>>> 続きを読む

2005年01月25日 (火曜日)

馬刺し3種の店

熊本生まれ、熊本育ちなので、馬刺しは好物である。

某社の社長と共に池袋の居酒屋「如月桃花」に入ったのだが、なんと馬刺しが「特上ヒレ」「特上ロース」「特極上バラ」の3種も置いてあるではないか!東京に来て15年以上になるが、馬刺しが3種も揃えてある店には初めて遭遇した。

>>> 続きを読む

2005年01月15日 (土曜日)

町村合併で宇城市誕生

私の故郷の三角(みすみ)町が今日から宇城市となった。(写真は、旧三角町のWebサイト)

三角の名前がなくなるのは実に寂しいと思っていたのだが、実際には、「熊本県宇土郡三角町」が「熊本県宇城市三角町」になるので、「三角」の名前はなくならない。変な話だが、ほっとした。

2005年01月03日 (月曜日)

Layla & Wonderful Tonight

毎年正月に帰熊した際には、下通りの「スローハンド」に寄っている。この店は、大学のロック研の先輩の岩本さんが経営するライブスペースつきパブで、毎年岩本さんの生演奏を聴かせてもらうのが恒例になっている。

>>> 続きを読む

2004年12月25日 (土曜日)

「ひよ子」の秘密

東京自転車生活の記事経由で知った、銘菓ひよ子に関する考察から、東京の「ひよ子」と博多の「ひよ子」は別の会社が製造販売していることがわかった。

とは言っても社長は同一人物だが(笑)。

>>> 続きを読む

2004年11月25日 (木曜日)

東京みやげ「ひよ子」

いつか書きたいと思っていたこと。。

「ひよ子」というお菓子がある。これ、もともと博多銘菓で小さいころは博多みやげによくもらっていた。しかし、東京に来たら「東京みやげ」になっている。う~~む。

>>> 続きを読む

2004年10月16日 (土曜日)

10/23(土)太平燕が「王様のブランチ」でON AIR!

「獏」の太平燕が食べたくなって浜松町まで行った。

店に入って「太平燕」を頼むと、おかみさんらしき人が「来週の『王様のブランチ』にうちの太平燕が出ますよ。」とささやく。「はなまるマーケット」に続いて、「王様のブランチ」にデビュー。太平燕もいよいよ全国区で名を知られることになるか?必見である。

>>> 続きを読む

2004年10月14日 (木曜日)

全編熊本弁の映画

なんと全編熊本弁の映画が東京映画祭で上映される。

題名は「きこゆるや」。映画祭ということで一回きりの上映になるが、早速前売り券を買った。

10月30日19:40 六本木オリベホール

>>> 続きを読む

2004年10月02日 (土曜日)

太肉麺(ターローめん) 〔今日のブランチ〕

桂花ラーメンの太肉麺である。しかも、桂花の御令嬢タビーさんから直々にいただいた生めんインスタントである。

太肉麺の特徴は、太肉(角煮のようなもの)と生キャベツだ。ほんとは生キャベツはザク切りなのだが、桂花を良く知らない妻の手によって千切りにされてしまった。。食感は違うが、これで良しとしよう。

>>> 続きを読む

2004年09月30日 (木曜日)

おしりペンペンの会 Part 2

今日は、なんとPart2になってしまった「おしりぺんぺんの会」である。今回は、新メンバーとして、桂花ラーメン娘の旅井さんと、植木のスイカ娘の工藤さん、新婚2ヶ月の中村しゃんの奥さんの奈保子さんが参加。

>>> 続きを読む

2004年09月28日 (火曜日)

太平燕 〔今日のブランチ〕

太平燕である。「たいぴーえん」、これが読めたら熊本人である(笑)。

熊本では、中華料理屋で見かける太平燕、東京では食べられないかと思っていたが、つい最近、浜松町の「獏」という中華料理店で食べられることを知った。今日、外出の途中でちょうど時間的に都合が良かったので、昼食に寄って一杯。

>>> 続きを読む

2004年09月04日 (土曜日)

アベックラーメン 〔今日のブランチ〕

アベックラーメン。熊本県人度チェックアイテムのひとつである(笑)。

そう、熊本のローカル即席ラーメンである。即席ラーメンには珍しい棒状の麺をゆでる。付いているのはスープだけ。さすがにそれだけでは寂しいので、チャーシュー、ゆで玉子、きくらげ、ねぎ、いためもやしを乗せ、ゴマをたっぷりかける。アベックラーメンは、「アベック」で食べる=2人前というのがネーミングの由来だが、いまだかつて「アベック」ということばがしっくりくるようなロマンチックなシチュエーションで「アベックラーメン」を食べたことはない(笑)。

>>> 続きを読む

2004年08月19日 (木曜日)

あなたの熊本理解度&熊本人度は 192.2%

以前のエントリでの「どのくらいの熊本人度なのか『判定』のページが欲しいものだ。」というつぶやきを見た中村氏から「熊本理解度&熊本人度チェック」というサイトの情報をゲット。(ドメイン名に注目:-)

>>> 続きを読む

2004年08月15日 (日曜日)

博多っ子検定

最近エントリが土地ネタばかりになっているが、さらにもう一題。

先日紹介した日本文化の「い・ろ・は」の関係でググっていたら「日本文化検定」なるサイトを発見。ここでは、「日本文化検定」なる検定試験をやる予定なのだそうだが、先行して「博多っ子検定」なるものが実施されている。この検定では「博多っ子」の度合いを級で示すそうだ。ためしに模擬試験(上記のページから「受験デモ」をクリック)を受けてみたら、あてずっぽうも含めて5問中4問正解で「博多っ子2級」だった^^;

>>> 続きを読む

2004年08月12日 (木曜日)

ご当地の踏み絵

おしりペンペンの会の関連で外村氏からもらったメールから面白サイトを発見。「ご当地の踏み絵」というサイトで日本全国の現地人度を測ることができる。早速「熊本人チェック!」をやってみたら、70設問中39問が該当した。パーセントで言うと56%くらいだけれども、どのくらいの熊本人度なのか「判定」のページが欲しいものだ。

ちなみに、このサイトの内容は、書籍化までされている!書名は「いなかもんの踏み絵」だそうです。

2004年08月06日 (金曜日)

「おしりペンペンの会」に見る今どきの初対面

外村が夏休みで帰国してるのに合わせて、熊本出身のシリコンバレー関係者を中心にした「おしりペンペンの会」を自宅で開催。最初はゲスト2人のはずが、どんどん増えて、ゲスト5人(外村@SVJEN代表、赤沢@日経、中村@JTPA日本代表&NTTフォトニクス研、長野@フリーライター&ラジオパーソナリティ、赤司@アップル)となった。

>>> 続きを読む

2004年06月26日 (土曜日)

高校同窓会に600人

東京江原会の総会&パーティーが開催された。今年は東京江原会40周年ということでニューオータニに約600名を集めての開催となった。写真は、熊本名物藤崎宮秋季例大祭の馬追い(通称:ボシタ)である。江原会メンバーによる馬追い隊は風雷神と名づけられており、東京江原会パーティーにも毎年繰り出している名物となっている。

>>> 続きを読む

2004年05月13日 (木曜日)

吉村さんのお別れ会 〔今日のブランチ〕

ランチ時に帝国ホテルの前社長、吉村さんのお別れ会が帝国ホテルで催された。吉村さんは、東京江原会を長年支援されてきた方だ。59歳と若く、現役の社長で激務の中、急病で亡くなられた。高校の先輩だが、経営者としても学びたい尊敬する人だっただけに悲しみも大きい。

安らかにお眠りください。そして我々を見守ってください。頑張ります!

2004年04月12日 (月曜日)

シャンソンを聴く

高校の後輩にシャンソン歌手になった人がいる。名は「まつだようこ」。現在、熊本を中心に活動しているが、新宿のシャンパーニュでリサイタルがあったので駆けつけた。

後輩とは言っても昔から知っているわけではなく、去年の同窓会で歌っていたのを聴いたのが最初。しかもシャンソンなどというものはまともに聴いたことがなかったのだけど、目の前で聴くとまた違う。曲の中には、先日他界されたリコーの三善名誉会長(大先輩)への弔いの歌もあり、感動してしまった。

2004年04月03日 (土曜日)

花見ばい 2004

砧(きぬた)公園で花見をした。

高校の同級生で行っている花見で今年で16回目になる。毎年第1土曜日に砧公園行っているのだが、今年はベストタイミングとなった。気温も上がり、風も適度に吹いて桜吹雪が美しい。やっぱ、日本人は花見だよね。最近は桜の木も外国に植えられているけれども、海外在住の日本人は花見してるのかな?

おまけ:今日一番受けたジョークはこれ↓

「消費税を内税にした本当の理由は...ゆとりの教育で若者が小数点の計算をできなくなったため。」

2004年04月02日 (金曜日)

都道府県対抗日本沈没

NTTコムの「ブログ人」が無事(!)始まったが、その中の企画の一つに「日本沈没地図」というものがある。

これは各都道府県対応で、トラックバックの数を競うというもので、トラックバックの数が少ないとその都道府県が沈んでいくという趣向。それにしても、「お題」だけで、日本中のブログで話題にしてもらおうとは、虫のいい話だが、都道府県対抗となるとどうしても負けず嫌い根性が出てしまう悲しい性^^;

仕方ない!故郷熊本を沈没させないために、お題3つやったるか!

お題(1)自分の住む県のキャッチフレーズを考えよう!

「緑と火のふるさと-くまもと」

お題(2)ただ今のお天気

東京在住なので不明です...(笑)

お題(3)ご当地を自慢します

「世界一大きなカルデラ=阿蘇山」
「世界一大きなみかん=熊本の晩平柚」
「日本一の石段=釈迦院(3333段)」
「日本一美味しい水=白川水源、菊池水源、池山水源、轟水源(名水百選)」
「日本一美味しいみかん=みすみみかん」:-)

それにしても、熊本の孟宗竹がそんなに有名とは知らなかった。

2004年03月08日 (月曜日)

小泉首相とじゃんがらラーメン

てっきりhiguchi.comでカバーされると思っていたのだけど、カバーされないようなのでメモ。

3月2日に我らが九州じゃんがらラーメン小泉首相が現れたとのこと。じゃんがらラーメンは、まだ秋葉原にしかなかったころから、よく行ったものだ。そのじゃんがらラーメンも今年20周年を迎え、いよいよ首相官邸御用達になったらしい:-)。20年前と言えばまだ東京にトンコツラーメンの店は少なく、女性には「臭い」と言われ肩身が狭かったものだが、首相まで食べるものとなれば、もう一国を代表する食べ物と言ってもいいのでは?(笑)

P.S.それにしても、じゃんがらラーメンに一昨年からメンマが入るようになったんだけど、やめて欲しいのは私だけだろうか。。九州ラーメンは、もともとメンマ入らないんだけどね。。

2004年02月28日 (土曜日)

みかん! みかん! みかん!

ベランダのみかん東京に住んで長いが、故郷のみかんへの愛着は今も変わりなく、ベランダで温州みかんを育てている。今年の収穫は3個(写真はそのうちの1個)。しかし、もったいなくてずっと食べられず木になったままになっている。正真正銘の無農薬なのだが、さすがにもう時期はずれなので今から食べても美味しくないだろうから、しばらくは観賞用として頑張ってもらうとしよう。

そういえば、熊本経済同友会での「でこぽん大使」の話は音沙汰がないなあ:-) 潮谷さんに直訴するか? 高須賀さんの「いよかん大使」といい、セックスマシンガンズの「みかんのうた」といい、愛媛の人のほうがみかんへの愛着が強いようだ。熊本も頑張ろうよ!

2004年02月14日 (土曜日)

陣太鼓

高校の同窓会の会合で、熊本の代表的なお菓子「陣太鼓」をもらった。
陣太鼓はおいしい。好きだ。ただそれだけ(笑)。

2004年01月03日 (土曜日)

2回目の成人式

昨日は仲間と企画した「2回目の成人式」だった。

こういったところで歳を暴露する必要もないのだが、お題からして歳がばれる。(^^;
そう今日は2回目の20歳つまり40歳を祝う式典の日だ。熊本市内のKKRホテルで、熊本城内の加藤神社の宮司に来てもらってお払いをし、潮谷県知事を迎えて祝辞をもらい、あとはパーティ。

中学卒業以来初めて会うやつもいた。住吉君という似顔絵がとてもうまいやつだが、私が見つけて、
「お~久しぶり!変わっとらんね!」と言うと、
「平野やっ!ぬしゃ肥えたね~!」
「!!」
25年ぶりに会って第一声が「肥えたね」は無かろう!と思いつつも、そういう関係の仲間がいるといというのはうれしいね。

2003年12月05日 (金曜日)

潮谷知事出席決定!

やった!

2回目の成人式の出席要請に対して潮谷知事から返事がきた!しかも「行きましょう!」と快諾だ。チャレンジの価値をまた実感した。ダメだろうと自分からあきらめてはだめ。あきらめるのはやってみてからだ。

2003年11月09日 (日曜日)

熊本で夢を語る

世界陸上で銅メダルを獲得した末續慎吾選手、A/Tブランドで有名なデザイナーの田山淳朗氏と熊本の鶴屋というデパートで「夢を語る」というパネルディスカッションをした。

末續選手は、もはや地元ではスターで、当のパネルディスカッションは、TV取材まで入る盛り上がりよう。とはいえ、会場は一地方の百貨店のホールで、300人入れば良いほう。私自身は、この程度の人数の前で話をするのは慣れているし、内容も「その場の雰囲気で」と言われていたので、特に緊張したり、とりたてて準備をすることもなかった。本番前、「こういうのはあまり慣れとらんとですよね~」という末續選手に「大丈夫たいっ!平常心、平常心!」と私。同じ中学校の大先輩でもある私は、先輩づらしてこう応えた。

さて、本番スタート。司会の冗談まじりの好テンポで進んでいく中で、私にも質問が振られるのだけれども、いくつも想定していなかった質問が・・・もちろん表面上は平然と答えるけれども、いつものITの話ではないし、頭の中では必死で昔を思い出したり、話を組み立てたり。結果として、話がくどくなったり、後から「こう言えばよかった」と思ったり、自分自身としては反省点の多いステージとなってしまった。

一方、末續選手は、若いながらもその受け答えたるや堂々としており、本番前の不安げな言葉を全く感じさせない。ステージが終わって、控え室で末續選手に、「緊張せんだったね?」と聞いたら、「トラックの方がもっと緊張します。」と一言。確かに。。私が、この程度の規模で「慣れてる」と豪語してみても、考えてみれば末續選手は何千人、何万人の前で衆目を集めながら、凄まじいプレッシャーの中で世界記録に挑戦しているのだった。

私は「本番が好きだ」とよく言っている。それは、その瞬間、一度だけ、やり直せない時間への覚悟と、その緊張感が好きだから。しかし、今回は、そう言っている自分から慣れによる慢心が出た反省すべき本番だった。

2003年04月07日 (月曜日)

花見ばい 2003

東京に来ている高校の同級生で毎年「花見ばい!」という花見の会を行っている。1989年から毎年開催。最初は東急東横線多摩川園駅そばの玉川台公園で開催していたが、私の引越しに伴って1998年から砧公園で開催している。

今年は、もともと昨日の予定だったが雨のため今日に順延した。今日の砧公園は順延組が多かったのだろう、いつもの年の倍くらいの込み具合だった。