2007年06月25日 (月曜日)

笑門来福Official

会社の株式上場に伴い、私のブログは「笑門来福Official」に統合することになりました。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

2006年11月12日 (日曜日)

マスコミの影響はないのか?

今日もまた中学生の自殺が報道された。

このところ毎日のように小学生、中学生のいじめによる自殺が報道されている。報道では「このようなことがあってはならない」と力説している。しかし、このような連日の報道が逆に自殺を助長していることはないのだろうか?

2006年11月11日 (土曜日)

感動した!

世界バレーの日本vs.セルビア・モンテネグロ戦。
2セット先取されたところで多くの人が「勝負は決まった」と思っただろう。2セット先取されたという事実だけでなく、その2セットも力の差が歴然と出たような内容だったからだ。

>>> 続きを読む

2006年09月01日 (金曜日)

創立8周年

今日、インフォテリアは8歳の誕生日を迎えた。

起業してから8年。本当に早いものだ。

ここまで成長できたのは、社員、お客様、そして株主の皆さんのおかげであり、本当にありがたく思う。特に今年は、これまでに研究開発してきた製品のリリースがくつも重なる年となり、ある意味で大きな転換点ともなる年だ。

>>> 続きを読む

2006年08月30日 (水曜日)

RED HERRING ASIAでプレゼンテーション

RED HERRING ASIAでのプレゼンテーション当日だ。

100社近くがプレゼンテーションするので、1社の持ち時間はたった15分。しかも英語で(笑)。

約一年ぶりの英語のプレゼンで緊張するかと思ったら、聴衆はたったの13人(泣)。3つの会社が同時並行でプレゼンをしているのだが、たぶん3社の中で一番聴衆の少ないセッションだったのではないか?しかし、私の次のコマでは私も含めて聴衆3人というプレゼンも。。。

>>> 続きを読む

2006年08月28日 (月曜日)

RED HERRING ASIA 2006に参加

香港で開催されているRED HERRING ASIA 2006に参加した。

これは、ASIAの注目すべきスタートアップ企業を集めたイベントで、RED HERRING誌が選ぶ100社の発表もある。うちの会社は、最終選考のFINALISTには残ったが、残念ながらASIAの100社には漏れてしまった。100社には入らなかったが、企業スピーチには選ばれたので参加することに。

>>> 続きを読む

2006年08月14日 (月曜日)

新たな挑戦 - c2talk

今日、いよいよ新しい「つなぐ」ソフトウェア「c2talk」を発表した。ASTERIAのリリースから4年、インフォテリアとしての新しいチャレンジとなる。

ソフトウェア単体で採算がとれるようにするのは結構難しいことだ。そのため、国内の多くのソフトウェアベンダーでは、ソフトウェア販売だけでなくその周りのソリューションやインテグレーションを手がけているのが実情。そのような中、ASTERIAは、ありがたいことに多くの方々の支援をいただき成長を遂げてきた。

>>> 続きを読む

2006年08月09日 (水曜日)

ネットで予定収集 〔日経産業新聞〕

 今朝の日経産業新聞1面に、新製品「c2talk」が掲載された。14日が正式リリース開始なのだが(笑)。編集長の言葉もいただいたのは嬉しかった。

 「c2talk」は、「ネットと人」「人と人」を「時間軸」を切り口につなぐ「ソーシャルカレンダー」。詳しくは、14日に発表します。

>>> 続きを読む

2006年07月12日 (水曜日)

タイトルは「無職」

いろんな会に参加するが、この会は面白い名刺をもらうことが多い。

いつも五反田で開催されている、某ブロガーの集会なのだけれども今回のヒットはこれ(写真)。山口さんの名刺は、タイトルが「無職」。1万枚を超える名刺交換をしているけれども、タイトル「無職」には初めて出会った(笑)。

>>> 続きを読む

2006年07月08日 (土曜日)

出会い系を瞬間体験?

今日は、名古屋に日帰り出張だった。予定は1時からだが、先方とランチを一緒しようという予定で11時半待ち合わせ。しかし、名古屋到着が遅れて遅刻気味。栄交差点に着いて先方の担当の方に電話をしたところ、「そこで待っていてほしい」とのこと。栄の三越前で待っていた。しばらくしたら、20代と思しききれいな女性が私の前にきて「平野さんですか?」。

>>> 続きを読む

2006年07月05日 (水曜日)

イベント来場者にお礼メールを送らない300万円の理由

きょこコーリング@Alternative Blog経由

イベント来場者にお礼メールを送らない300万円の理由

なるほど。「いかに読まれるお礼メールにするか」は考えたことがあるが、このアイディアには気がつかなかった。出直して来ます(笑)。

2006年07月04日 (火曜日)

思考実験:2010年「殺傷ゲーム禁止法」制定

 あまりにも痛ましい事件が多すぎる。

 ここのところ立て続けに、少年少女や若者による、放火、殺人などの事件が起こっている。個人の問題や教育問題として取り上げられることも多い。しかし、これらの痛ましい社会現象に対してIT業界は積極的に取り組むことはできないだろうか。

 そのアイディアとして、「殺傷ゲーム禁止法」の制定を考えてみたい。

[追記 2006/07/07] IT Mediaの同じエントリで多くのコメントをいただので、そちらをご覧ください。
思考実験:2010年「殺傷ゲーム禁止法」制定

2006年06月21日 (水曜日)

Software Venture Networking Party

熱気に溢れていた。

IBMのイベントなので、もっと落ち着いたものかと思っていたが、違った。特別な企画があるわけでもなく、ひたすら歓談するだけの会だったのだが(笑)、集まる人によってこれだけ熱気が変わるものだと改めて実感。ソフトウェアベンチャー経営者、ソフトウェア関係の役人、そして投資家。

>>> 続きを読む

2006年06月20日 (火曜日)

越の宴

証券会社の担当のHさんが異動になることになった。

付き合いも長く、信頼関係も強かっただけに、話を聞いたときにはショックを受けたのだが、めでたい昇進だということもあり、2人で壮行会を行った。

>>> 続きを読む

2006年06月03日 (土曜日)

詫門来福!?

今日のサタデースクランブルの一コマで「詫門来福」。

漫画家のやくみつるが、和田義彦の盗作問題で「詫びるところから始まる」とコメントしながら見せた直筆カット。「笑門来福」としては取り上げざるを得まい(笑)。

2006年06月01日 (木曜日)

社長ブログ奮闘記(ファイル公開)

「きょこコーリング」の呼びかけに応じて、昨年6月9日にXMLコンソーシアムで講演した「社長ブログ奮闘記」のファイルを公開します。

>>> 続きを読む

2006年05月26日 (金曜日)

NILS 2006 Spring - 充実の第2日目 〔セッションメモ〕

NILS第2日目。朝から夕方までみっちりセッションが埋まっている。

9:00からの最初のセッションは「Web 2.0時代のインターネット広告市場の展望」。ドリコムの内藤さんは「Webのdead spaceをメディアに変える」と強調。まだまだ市場が広がるとした。さらに、広告全体で6兆円と言うが、純粋に広告として出されるもの以外に「不動産サイトの不動産情報」「人材紹介サイトの人材情報」なども立派な広告だとして、広告市場はさらなる大きな広がりを持つとした。裏セッションは、「ベンチャーと大手企業のwin-win戦略」。

>>> 続きを読む

2006年05月25日 (木曜日)

NILS 2006 Spring - 第1日目 〔セッションメモ〕

NILS (New Industry Leaders Summit)に参加している。第4回の今回は初めてリゾート以外の札幌市の外れのホテルである(笑)。

今回は、海外からZimbraScott DietzenSocialtextRoss Mayfieldを呼ぶなど、回を重ねる毎に充実してきているのがわかる。NILSの各セッションはビジネスを自らリードしてきた経営者、直接携わった責任者の話が多く、場の雰囲気からか具体的な本音の話も結構聞けるので大いに参考になる。さて、私の参加したセッションで耳に残ったことや感想を書き綴ってみたい。

>>> 続きを読む

2006年05月14日 (日曜日)

技術者の採用と事業計画

一部で話題になっている技術者採用問題。既にいくつものブログで指摘されているように「頭数」には私も違和感を覚える。事業計画では人数を見積もったかも知れないが、クリエイティブな仕事を期待しているのであれば、頭数と結果は連動しないのは私が述べるまでもない。

しかし、この話は他人事ではない。

>>> 続きを読む

2006年05月08日 (月曜日)

記事の捏造はどこまで許していいのか?(笑)

今日発売の「経済界」に6ページも写真を掲載していただいているが、自分では言ってないことが結構書かれている。自分だけのことは特に気にもしないが(よくあることだ(笑))、他の人に関係することは気になるものだ。

>>> 続きを読む

2006年04月26日 (水曜日)

ポッドキャストをスタジオ収録

アイティメディアが最近はじめたポッドキャスト「キーマン対談」に出演要請があって、気軽にOKしたのだが、指定された場所に行ってみると、本格的なスタジオでびっくり。

>>> 続きを読む

2006年04月23日 (日曜日)

エンジニアの理想のワーク環境は?

先日サイボウズ・ラボを訪問した。サイボウズ・ラボは、オカムラがプロデュースしたソフトウェアエンジニアに適した環境とのことで話題になっている。

>>> 続きを読む

2006年04月16日 (日曜日)

地底人は誰?

地底人はいったい誰なんだ?

昨日から始まった富士通FMVのCMの最後に出るのが「地底人は誰?」<検索>という文字。最近よく見るWebとの連動TVCMだが、ライフカードのような直接のURLではなく、SEOと組み合わせているところが最近のトレンド?

>>> 続きを読む

2006年04月13日 (木曜日)

IT業界ダーツ大会

今宵はIT業界のダーツ大会。今回はインフォテリアは初の2チーム体制で臨むことに。

うちのプロダクト事業部長であるMr.You Knowがチェアマンを務めているこのIT業界ダーツ大会は既に12回を数える。今回、サイボウズ社長の青野さんやアプレッソの社長の長谷川さんも参加して一部で異様な盛り上がり(笑)。

>>> 続きを読む

2006年04月11日 (火曜日)

ASTERIAパートナーキックオフミーティング2006

2006年度のキックオフミーティングを開催した。

場所は恒例の新宿センチュリーサザンタワーホテル。今回は、特にパートナー各社からの説明が充実していたのが特徴的だった。新規参加パートナー3社からの発表、既存パートナー4社からのASTERIAをベースとしたソリューションの説明。インフォテリアからは、パートナー各社でのASTERIAビジネスの倍増を目指して、新しい戦略を発表した。

>>> 続きを読む

ASTERIA導入企業が250社を突破

純増100社。

この3月末時点でASTERIAの導入企業が250社を突破した。昨年3月末が150社だったので、この1年で100社の導入が増えたことになる。もちろん、同じ企業のダブルカウントなしの純増数だ。

>>> 続きを読む

2006年02月25日 (土曜日)

計画とは予測ではなく意志である

4月から新年度が始まる会社は、そろそろ新年度計画が最終詰めの段階になっていることだろう。

以前から感じているのだが、「計画」を「予測」と勘違いしている人が多い。事業計画などの場合最終的には数値に落とし込まれるわけだが、前年の数字や市場の数値から算出した予測値は「計画」とは呼べない。数値はあくまでも活動の結果であって、活動結果とセットでない計画値は評論家やアナリストの予測となんら変わりはなく、当事者のみが立てえる「計画」ではない。

>>> 続きを読む

2006年02月20日 (月曜日)

オフィスで「幸福の花」咲く

今度は会社で幸福の花が咲いた。私の2つ隣の席に置いてある幸福の木だ。

ちょうど2年前に家で幸福の花が咲いたが、この時私は生まれて初めて幸福の花を見た。そして、その年、次の年と良いことが続いた。

>>> 続きを読む

2006年02月18日 (土曜日)

暗雲は「立ちこめる」のか「垂れこめる」のか?

暗雲立ちこめる出張?」を公開した後にふと思った。「『暗雲が立つ』というのはおかしいな?『暗雲が垂れこめる』が正しい用法で『立ちこめる』は間違った用法なのでは?」

早速調べてみた。

>>> 続きを読む

2006年02月17日 (金曜日)

一転、快晴の出張

昨日は飛行機も欠航する程ぐずついた天気だったのが、今日は一転、朝から快晴となった。予定通り2社の訪問を終え、熊本空港へ。少し時間があったので、道すがら師匠の経営するデザインオフィスに寄り、遅いランチとして、ごちそうになったのは、近所のラーメン屋「肥後ラーメン」の「太平燕」。600円なり(師匠の奢り)。

「太平燕」を食べ終わると、空港へ。雨上がりの快晴なので空気が澄んでいて、阿蘇がくっきりと綺麗に見える。

>>> 続きを読む

2006年02月16日 (木曜日)

暗雲立ちこめる出張?

今日は熊本に出張。これまでも出張で熊本に行ったことはあるが、これまでは講演などのためばかりで、実はインフォテリアの営業活動で来るのは初めてである。

なぜ営業活動に赴いたかというと、ASTERIAは既に全国200社以上の企業で使っていただいているのに、出身の熊本県では1社も採用実績がないからだ。社内でも肩身が狭い(笑)。

>>> 続きを読む

2006年01月28日 (土曜日)

常識は疑え!(2)

shiologyのshioさんの写真は本当にきれいだ。先日の外村シェフのディナーの席でiPhotoアルバムを見せてもらったが、逆光なのにきれいに撮れている写真が何枚もあった。

「逆光なのにきれいに撮れてますねえ」と言ったら、「みんな逆光はきれいに撮れないと思って、それが『常識』になってるけど、実は逆光のほうがエッジもはっきりしてきれいに撮れるんですよ」とshioさん。

>>> 続きを読む

2006年01月25日 (水曜日)

東証がXBRLの普及に本腰

最近話題の多い東京証券取引所だが、前向きな話を一つ。東京証券取引所の広報誌であるExchange SquareのXBRL特集号が発刊され、東証における取り組みだけでなく、金融庁や国税庁の寄稿あり、ワコールの事例ありで、企業や社会における価値にも言及し、幅広い普及を目指した内容となっている。

http://www.tse.or.jp/guide/books/e-square/index.html

2006年01月23日 (月曜日)

ゴルフと乗馬が必修!?

(読売新聞朝刊より)
名古屋学院大学商学部が来年4月から開設する「エグゼクティブコース」は、将来の経営者、起業家の育成を目的とする学科だが、そこでは「ゴルフ」や「乗馬」が必修なのだという。そのほかにも「飛行機」や「ヨット」の操縦が選択で履修できる。

その前にもっとやることあるんじゃないの?

>>> 続きを読む

2006年01月22日 (日曜日)

常識は疑え!

社内ブログで、製品マニュアル(PDF)で使う図や表のキャプションを上に入れるのか下に入れるのかで議論に。

マニュアル担当の人は、図や表の上に統一しようと考えて社内ブログで意見を求めた。そうしたところ、「新入社員のころから図は下、表は上と叩き込まれてきた」というコメントが。さらに「JISで決まっているはず」という意見も出た。(その後、調べたら確かにJIS X 4051「日本語文書の組版方法」の9.7.2および9.8.6で図・写真のキャプションは下、表のキャプションは上と書いてある)

>>> 続きを読む

2006年01月19日 (木曜日)

出張と睡眠時間

「海外出張ですか?ゆっくり睡眠時間が取れますね!」

海外出張に行くときに、挨拶代わりにたまに聞く台詞だが、残念ながら私の場合はその逆のことも多い。今日も、いま西海岸時間で朝の6時45分(日本の23時45分)。昨日の9時前にオフィスに行ってから食事以外はずっと仕事だから都合22時間くらい。。

>>> 続きを読む

2006年01月09日 (月曜日)

雪の立山連峰



所用で富山へ。羽田からの飛行機で、例年にない大雪がニュースになっている中、珍しく日本海側も快晴で雪の立山連峰をきれいに見渡すことができた。

>>> 続きを読む

2006年01月08日 (日曜日)

ミッションは「予言」することではなく「実現」することだ

今日のサンデープロジェクトの竹中総務大臣の発言で、「我が意を得たり」と感じたものがあった。

それは、「『できない』という人にやらせちゃいけなんですよ」という言葉。これからの日本の財政改革について、『できない』と言っている人を首相や大臣にしてはいけないという意味だ。できないという人にできるわけがない。あたりまえのことのようだが、世の中ではできないと言っている人にやらせている例は少なくない。だから竹中さんもわざわざ発言するわけだ。竹中さんは、自らが断行した不良債権処理の例を引いて「あの頃『できっこない』という人が大勢でした。そう言っていた人に任せて不良債権処理ができたと思いますか?」とも問うた。

>>> 続きを読む

2006年01月05日 (木曜日)

All Staff Meeting 2006

新年初日は、All Staff Meetingである。

毎年毎年がチャレンジの年だが、今年はいろいろな意味で大きなチャレンジの年となる。私からは、方針発表を行った。方針は4つ。1)方向性に関すること、2)ヒトに関すること、3)モノに関すること、4)カネに関すること。

>>> 続きを読む

2006年01月01日 (日曜日)

あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。

本年も私のブログを読んでいただきありがとうございます。昨年は子供が出来、妻が入院してからというもの、すっかり更新のペースが落ちてしまったにも関わらず、いまだに1,000名/日を超えるユニークユーザーの方にお越しいただき大変ありがとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

>>> 続きを読む

2005年12月28日 (水曜日)

仕事納め

5時から仕事納め。恒例で、ピザ、寿司、ビールでの納会だ。

まだ営業が終了しているわけではないが、納会のゴミを時間内に出さないといけないので、5時からとしている。満足のいく年だったかというと、まだまだだったというのが正直なところだ。それでもこうやって無事年を越すことが出来るのは幸いだ。社員メンバー皆のおかげであり、お客様のおかげだ。乾杯の挨拶を簡単に済ませると、「平野さんも挨拶を短くするのを覚えたらしい」と、古株社員にチャチャを入れられながらも、また年越しを出来る嬉しさがこみ上げてくる。

>>> 続きを読む

日経金融新聞@大井町KIOSK

世の中株ブーム。育児書のコーナーに育児をしながら株をやる本を見つけたときには驚いたが、ついに日経金融新聞がJR大井町駅のKIOSKでも売られるようになった。

新聞棚にはもともと場所がないので、雑誌コーナーの空き部分に差し込まれている。こうやって急に日経金融を扱い出した売店が多いのではないか?もうコンビニで見つけても驚かないゾ(笑)。

2005年12月25日 (日曜日)

RSウィルスとは?

RSウィルスに感染してしまった!実は巷ではメジャーだったらしいのだが、全然知らなかった。。

あなたは知ってますか?

>>> 続きを読む

2005年12月13日 (火曜日)

Year End Party

毎年恒例のYear End Partyを都内某所で開催した。

イヤーエンドパーティは、1999年から7回目。社員のハードワークへの感謝、それを支えてくれる家族の皆さんへの感謝のために開催している。毎年、イヤーエンドパーティの日になると、こうやって多くのメンバーとまた年を越えられることを本当にありがたく思う。

(写真1枚目)インフォテリア史上初!サンタとトナカイが登場!

>>> 続きを読む

2005年12月12日 (月曜日)

東証システム不具合。。

東証の話題は事故ばかりじゃないと書いたとたんに、またシステムの不具合。。残念っ。

宇陀さんと共演

来る15日に、松下電工インフォメーションシステムズ主催のセミナーで、セールスフォースドットコム社長の宇陀さんとのプレゼンテーション共演を行う。講演テーマに合わせて新しいプレゼンテーションを書き起こした。気がついたら空が明るくなっていた。そして、気がついたら熱が上がっていた。知恵熱か?風邪か?

2005年12月04日 (日曜日)

TOPECは結構いいかもしれない

Do you know TOPEC?

TOPECとは、Tests of Professional English Communicationの略で、特定の職業のプロのための英語試験。私も知らなかったのだが、先日XMLマスターとの関連でTOPECを紹介され、試しに自分自身でも受けてみることにした。

>>> 続きを読む

2005年10月26日 (水曜日)

あなたの転職はなぜ失敗するのか?

IT Mediaの「Alternative 笑門来福」に8週間ぶりにエントリを書いた。

あなたの転職はなぜ失敗するのか?(1)

それにしてもしばらくご無沙汰しているうちに、Altanertive BLOGのブロガーは49人にもなっている。オラクルの新宅社長も「次世代ITリーダー」としてご登場だが、「ん?次世代?」と感じるのは私だけではないのでは?次世代ではなく、とっくにリーダーだよね。

株式シェアの持つ意味

村上ファンドが阪神株を持ったり、楽天がTBS株を持ったり、また「資本の論理」が話題となっているけれども、持ち株比率の持つ意味を整理したものは以外に少ない。以下に、整理しておく。

>>> 続きを読む

2005年10月25日 (火曜日)

米国のロボット情報を伝えるニュースレター「GetRobo」

元日経新聞の影木さんが、米国のロボット情報を伝える無料のニュースレター「GetRobo」を始めた。

第0.1号(謙虚ですね~)の内容は、「著名VCも姿を見せたロボット会議《RoboNexus》報告」と「ホンダのASIMO、米スタンフォード大学に“留学”へ」。影木さんらしく、どちらも自分の足で取材した内容となっている。

>>> 続きを読む

2005年10月23日 (日曜日)

経営と現場の乖離

妻が入院している病院で増床工事が行われている。

これがかなりの騒音で閉口している。だいたい、「安静」のために入院しているのに、すぐそばでコンクリートの穴あけをされたらたまらない。病院にクレームしたら、看護士さんたちは「私たちも、どんな工事か知らされてなくて、困っているんですよ。」とのこと。

>>> 続きを読む

2005年10月18日 (火曜日)

ストックオプションに関する誤解

先週からストックオプション(新株予約権)の付与にあたって全社員と面談をしている。

話をしていて意外と誤解があったので、2点メモしておきたい。

>>> 続きを読む

2005年10月15日 (土曜日)

社長の口

「あの人の言っていることは立派なんだけど商品はイマイチなんだよね。」
「あの人の会社の商品だから素晴らしいに違いないと思って入れたら大変でしたよ。」

似たような話を今週別々の人から聞いた。ちなみに「あの人」は、同一人物である。本人にしてみれば、「私は商品のことを話しているわけではないので一緒にされても困る」と思われるかもしれない。しかし、会社の社長であれば会社の顔としてその口から発することが立派で世の中でも受け入れられていれば、会社のアウトプットも立派だろうと想像するのも無理はない。

>>> 続きを読む

2005年10月14日 (金曜日)

All Staff Meeting

インフォテリアでは四半期に一度「All Staff Meeting」を行っている。

全社員が集まって、その前の四半期のレビューとこれからの計画を確認するミーティングだ。今回は、私と副社長/COO、そして各部門の部長全員がプレゼンテーションを行った。

>>> 続きを読む

2005年10月12日 (水曜日)

ASTERIAの導入企業が200社を突破

9月末でASTERIAの導入企業数が200社を突破した。

最近は既に導入いただいた会社の別の拠点での導入も多く、このような導入では社数は増えない(泣)ので、本数の伸びに比べて社数が伸びないという状況になっていたが、いよいよ9月末のカウントで200社を超えた。

>>> 続きを読む

2005年10月10日 (月曜日)

母の誕生日

今日は熊本にいる母の誕生日。68歳になる。朝から電話して「おめでとう」の一言。熊本にいる弟にお願いして兄弟共同で花を届けた。

私自身ももう不惑を過ぎ、誕生日で1つ歳をとることには微妙な感情が錯綜するが、「おめでとう」の一言は嬉しいものだ。しかし、母のような歳になると誕生日とはどんな感じるものなのだろうか?と、ふと思ったが、さすがに「どがん感じね?」と訊くことはできなかった(笑)。

>>> 続きを読む

2005年10月09日 (日曜日)

ASTERIAが国産EAIソフト出荷数No.1に

(株)テクノシステムリサーチという調査会社の「2005年ソフトウェアマーケティング総覧」という調査報告書でASTERIAが2004年度のEAIソフト出荷数量で国産ソフトとして第1位になっている。

海外製品を合わせても、Microsoft BizTalk Serverに次いで第2位の出荷数量だ。ここのところ、大企業だけでなく中堅企業にもシステム連携のニーズは広がっており、そこにパッケージを使うということも段々と浸透してきているようだ。

>>> 続きを読む

2005年10月07日 (金曜日)

ASTERIA全国行脚中!

福岡から始まったASTERIAの全国行脚セミナーも今日、札幌を終え、あとは東京と大阪を残すのみとなった。(写真は名古屋会場)

当初、一番心配された札幌も30名の定員に40名を超える参加者となり急遽追加の椅子を手配するほどの盛況。インターネットが普及した昨今だが、やはり情報に自分の目と耳で触れる機会は少ないようで、「貴重なセミナーでした」と聞くと嬉しくなる。

>>> 続きを読む

2005年10月04日 (火曜日)

キラーストリート

サザンのニューアルバム「キラーストリート」を入手。

会社のそばのイトーヨーカ堂は夜11時までやっていて、そこに入ってる新星堂は夕方から翌日発売のソフトを入手できる。というわけで、明日発売予定の「キラーストリート」を前日にゲット。サザン7年ぶりのアルバムである。

>>> 続きを読む

2005年10月03日 (月曜日)

インフォテリアに第三営業部できる??

日経ソリューションビジネスで「熱血!第三営業部」を連載していた元NTTデータシステムズ営業部長の油野さんが、今日からうちの会社にジョインする。

30日(金)に行われた送別会に特別ゲストとして呼んでいただいたのだが、この送別会が異様な盛り上がり(笑)。上映あり、仮装あり、芸あり、(ゲイもあった(笑))の凄まじい会で狭いバーに50人は集まっていただろうか。会社有志の送別会とのことだが実際には取引先の人や、以前に油野さんと一緒に仕事をした人など、油野さんを慕う人たちが数多く駆けつけていた。

>>> 続きを読む

2005年10月02日 (日曜日)

Click for large image

分別してください!

病院のそばにあるコンビニ。店の前にあるゴミ箱は分別回収になっていて、しっかり「分別のご協力お願いします」と書いてある。しかしだ。中を見るとゴミ袋は明らかに1つ。せっかく分けて入れても中では一緒じゃないか!!

企業のコンプライアンスが叫ばれるなか、言ってることとやってることが違うということには大変敏感になっていて、こういうことがとても気になるのだった。

2005年09月29日 (木曜日)

初めての点滴

生まれてこのかた点滴なるものをしたことが無かった。

しかし、今日朝から胸のあたりが締め付けられるように苦しく昼になっても良くならないので、会社のそばの病院を訪ねた。「こういう症状は心筋梗塞の前兆にもあるんですよ」と先生に脅され、いろいろと検査もしてもらったが、結局診断は「過労からくる胸骨の炎症」。炎症止めを点滴することになった。

>>> 続きを読む

2005年09月28日 (水曜日)

情報システム連携ソフト、米に開発・販売会社 〔日経産業新聞〕

今朝の日経産業7面にうちの米国進出の記事が大きく(7段)掲載された。

ビデオチャットでの会議の画面が掲載されたため、「ASTERIAにビデオチャット機能が付くんですか?」という面白い反応もあった(笑)。

>>> 続きを読む

2005年09月02日 (金曜日)

運命の日?

人生の中でもっとも大切なものは人との出会いでしょう。

人生を振り返ると、自分の足跡がさまざまな人との関わりによって織りなされてきたことを、いまさらながらに痛感します。「この人と会わなければ今と違う自分がいた」という自分史の1ページに残る運命の人は何人もいますが、そういう人をあらかじめ知ることはほとんどできません。しかし、昨日、7周年創立記念日、この日がそういう1ページの舞台になるかも知れないという予感と期待が交じり合った日でした。

2005年09月01日 (木曜日)

創立7周年

今日はうちの会社の7歳の誕生日。1998年9月1日、インフォテリアは、沼部にある6畳一間のアパートで産声をあげた。この写真は、その当日に撮ったもの。設立からしばらくは、リクルートの時に必ず「1年後には会社が無いかもしれないが、来てもらえないか」と言っていた。もちろん、1年で会社を潰す気はなかったが、資本金1,000万円なんてあっという間になくなるわけで、 1年後が確実ではないのは確かだし、そのくらいの覚悟で来て欲しいという意味で言っていた。

>>> 続きを読む

2005年08月23日 (火曜日)

第3のブロガーの壁か?

ブログの更新が3週間以上も滞ると心配してくださる人が結構いらっしゃいます。

会ったときに、「お忙しそうですね」とか「ブログ更新されてないので心配していました」とか「またブロガーの壁ですか(笑)?」とか。ご心配いただき、ありがとうございます。

実は、ブログの更新が滞ったのは、個人的な「7月28日問題」が勃発したためです。

>>> 続きを読む

2005年08月21日 (日曜日)

ファイナンシャルジャパンに掲載

今日発売の「ファイナンシャルジャパン」10月号に、財部誠一さんと私の対談記事が掲載された。

『焦燥感に駆られる「勝ち組」に投資せよ!』という第2特集で、日産自動車の志賀俊之COO、キヤノンの御手洗冨士夫社長、 ローソンの新浪剛史社長、コマツの坂根正弘社長に並んでの対談。自分では「勝ち組」と言われるにはまだまだ遠いと考えている。それでも、この特集にふさわしい企業としてピックアップしてもらったのだから、この期待に少しで近づくようにチャレンジしていきたい。

>>> 続きを読む

2005年08月04日 (木曜日)

高専は地方技術ベンチャー創生のきっかけとなるか?

福野さん(左)、岸さん(右)今日、jig.jp社長の福野さん、取締役の岸さんと話をしていて、「高専」が地方の技術ベンチャー創生のきっかけになるのではないかと考えた。jig.jpの考え、体制を聞いて産学連携のベンチャー創生というと「大学発ベンチャー」という言葉にもあるとおり「大学」がターゲットとされるケースがほとんどだが、各都道府県にある高専に可能性を感じたわけだ。

jig.jpは、携帯用フルブラウザの開発で最近注目を集めている会社。その開発拠点は、福井にある。営業・マーケティングは東京だ。そして「開発を東京に移すつもりはない」という。その理由は「福井では優秀な人材が確保できるから。」

>>> 続きを読む

2005年07月30日 (土曜日)

日経IT ProfessinalでASTERIAのプロダクトレビュー

8月号の日経IT ProfessionalでASTERIAのプロダクトレビューが掲載された。製品のコンセプトから内容までを書いた定期刊行雑誌では初めての記事だ。

2005年07月29日 (金曜日)

「ブログ資本主義」

「週刊東洋経済」7月30日号のカバーストーリーは「ブログ資本主義」。

BusinessWeekがブログをカバーストーリーにして以来、国内でどのビジネス誌が最初にブログをカバーストーリーにするかを気にしていた。そして、トップバッターは東洋経済だった。私は、「国内ではブログで解雇者が出たときでは?」と予想したのだが、これはめでたく裏切られた(笑)。

>>> 続きを読む

2005年07月19日 (火曜日)

財部さんと対談

ファイナンシャルジャパンという金融系雑誌の取材で、財部誠一さんとの対談を行った。財部さんと、これだけまとまった時間真面目に話したのは初めて。今回は財部さんがピックアップした5社のトップと対談を通じて新しい時代を見るといった趣向のようで、キヤノンの御手洗さんやローソンの新浪さんに並んで掲載されるらしい。とてもありがたいことだ。

>>> 続きを読む

2005年07月16日 (土曜日)

もったいない

いやあ、もったいない。

今日、ヨドバシカメラで買い物をしてポイントカードを出した。

店員:2年以上使われていないので以前のポイントは失効しています。
 私:何ポイントくらい失効するんですか?
>>> 続きを読む

2005年07月13日 (水曜日)

「愛・地球博」でASTERIAが活躍

最新号の日経コンピュータ(2005.7.11)を読んでいたら、ASTERIAを発見。

「追跡!注文プロジェクト」という記事で「愛・地球博」の中核の情報集配信システムが困難を乗り越えて稼動にこぎつけた話が紹介されている。そのシステム構成図(p.110)の中に3箇所で登場。ASTERIAが重責を担ってがんばっていることがわかる。

>>> 続きを読む

2005年07月08日 (金曜日)

色あせない緑の魅力 〔日経産業新聞〕

日経産業新聞の「OFF」というコーナーに私の緑好きの話が掲載された。それにしても「色あせない緑の魅力」というタイトルは秀逸。さすがプロ。

>>> 続きを読む

2005年07月05日 (火曜日)

出ているのか出て見えるのか・・・

午後4時から某雑誌の取材。内容は、これまでずっと書いているこのブログのことと、最近本格的に始めた社内ブログのこと。

事前に写真撮影ありと聞いていたたけれども、プロのカメラマン同行とは思っていなかった。そのカメラマン=風間さんは、以前にもお会いしたことのある人で、このブログも読んでいただいているらしく、取材中にも補足で話をしてもらったりする珍しい進行だった(笑)。

>>> 続きを読む

2005年06月28日 (火曜日)

「古川亨を囲む会」

Bill Gatesが発起人となり古川さんのマイクロソフト卒業を祝う「古川亨を囲む会」が、ウェスティンホテルで開かれた。業界内では「Bill Gatesって冗談か?」とも言われていたが、はたしてBill本人がやってきた。いつもは壇上のBillも会場で談笑。で、私はおのぼりさんよろしく古川さんとBillと3人でパチリ。(三浦さんありがとう)

>>> 続きを読む

2005年06月23日 (木曜日)

定時株主総会

今日は、会社の株主総会。

国内の多くの会社が今週、来週に株主総会を開く。うちの会社はまだベンチャーキャピタル(VC)の株主が多いので、他とできるだけ重ならないように午後4時からに設定した。株主総会が、約1時間10分。数分の休憩を挟んで、事業プレゼンテーションを約45分行った。

>>> 続きを読む

2005年06月20日 (月曜日)

ASTERIA実践ガイド目撃情報

「ASTERIA実践ガイド」を品川のあおい書店で目撃!出版社から一般の書店への配本は難しいと聞いていたが、こういう一般書店で見かけると嬉しくなる。で、記念撮影(笑)。

でも、「ハッカーの楽しみ」とか「ハッカーと画家」とか「Symbian OS」とかの場所に置かれているのは何故??

2005年06月17日 (金曜日)

山元さんApple Japan社長に

古川さんに引き続きIT企業トップのニュース。

昨年オラクルから移って話題になった山元(通称:ヤマゲン)さんが、Apple Japanの社長(Sacho)になることが決定し、昨日社内発表があったそうだ。前刀さんとの社長レース(?)では不利とも言われた山元さんだが、めでたく1着ゴールインということになったわけだ。

2005年06月13日 (月曜日)

IT Mediaでブログを書き始めた

今日からIT Mediaが「Alternative ブログ」というブログを開始し、その1ブロガーとして書くことになった。ブログ名は「Alternative 笑門来福」メディアの中でブログを書くのは初めて。このブログは、もう既に2年半以上書いてるのだけれども、やはりメディア内ブログだと緊張する。この「笑門来福」だって、既に毎日1,000人以上に見られているし、URLが違うだけと言われればそうかも知れないが、やはり構えてしまう。

>>> 続きを読む

2005年06月09日 (木曜日)

社長ブログ奮闘記

XMLコンソーシアムの部会成果発表会である「XMLコンソーシアムWeek」第3日目の中で「社長ブログ奮闘記」というプレゼンを行った。部会の成果とは何の関係もないのだが、最近の動向を掴むひとつとして、Week企画担当の日立の大場さんから頼まれて。

>>> 続きを読む

2005年06月01日 (水曜日)

スープカレー 〔ラミヤータ@大井町〕

札幌で大流行というスープカレーである。

最近大井町にできた「ラミヤータ」というスープカレー専門店にCFOの尾崎さんと一緒に足をのばした。オフィスから徒歩7分くらい。CFOの尾崎さんが札幌にいた時代からスープカレー屋が増えていたそうだが、東京で聞くようになったのは最近だ。

>>> 続きを読む

Tim Brayとの対談が記事に

Tim Brayとの対談が、IT Mediaで記事になった。やはり、アスキーアートネタは削られたか(笑)。

>>> 続きを読む

2005年05月31日 (火曜日)

Click for full size image

「ASTERIA実践ガイド」TOP10入り!

Yahoo!JAPANの書籍ランキング(書泉グランデ調べ)のコンピュータ部門で「ASTERIA実践ガイド」が8位に入った。社外取締役からは、蒲田駅前の普通の書店で平積みにしてあったという目撃証言も(笑)。

>>> 続きを読む

2005年05月23日 (月曜日)

献血できない

会社の前に献血車が来た。去年までは献血をしていたのだが、今年は献血ができない。

その理由は、1980年~1996年の間イギリスに1日以上滞在した人は献血ができなくなったからだ。安全のためには仕方のない措置なのかも知れない。しかし、例えば今年の花見でこの話題になったときには参加者全員が禁止対象者であることがわかった。血液が足りないと叫ばれているなか、禁止対象者が大変多いこの措置が本当に良いのかどうか考えてしまう。

2005年05月21日 (土曜日)

アバーロ

いや、このメガネ店はお勧めだ。

先週愛用のメガネが折れて修理に出した。特に落としたり踏んだりしたわけではなく、メガネケースに入れようとしたところ2つのレンズの間の金具がポキっと折れてしまったのだ。もともとこのメガネはツル部分が折りたたみになっていないので、ケースに入れるときにはメガネ全体に圧力がかかる。購入時にそのことを気にして「大丈夫か」と訊いたが、「特殊な合金なので折れることはない」ということだった。

>>> 続きを読む

2005年04月27日 (水曜日)

秘書の日 (Secretary's Day)

今日は「秘書の日」。秘書持ちの友人2人と一緒に企画して、それぞれの秘書を招き6人で年に一度の秘書に感謝する食事会を持った。

秘書というと、「ショムニ」に出てくるようなツンケンしたお姉さまを想像しがちだが、招いた3人は皆温厚で優しい。実際、いままで会ったいろいろな会社の秘書さんはほとんど温厚で優しそうなタイプだ。テレビのあのイメージの秘書が本当にいたら一度会ってみたいものだ(笑)。

>>> 続きを読む

ASTERIAの本が完成した!

念願のASTERIAの本「ASTERIA実践ガイド」ついにが完成した!!

今日、見本誌が届いた。一般での販売は連休明けからとなる。この本は、ASTERIAに深く関わった3人の著者による。単なるASTERIAを使う際の解説だけではなく、ASTERIAにこめられた思いも綴ってある。体験版CD付きで、登録(1ヶ月更新)すればASTERIAに触ってみることができる。

>>> 続きを読む

2005年04月21日 (木曜日)

笹塚にあまり行かなくなったのは何故?

マイクロソフトの社長が交代するとの発表があった。

また外人である。つい先日、「笹塚にあまり来なくなった」と書いたのだが、このニュースに接して社長が外人だということと無関係ではないのでは?とふと考えた。いや、直接的には社長に会いに行っていたわけではなく、一緒にやることが減ったということだけれども。

>>> 続きを読む

2005年04月20日 (水曜日)

ライブドアとフジテレビの戦い

ライブドアとフジテレビの戦いがほぼ噂どおりに決着したとの報道を聞いて、ホリエモンも「実を取る」という大人の解決ができるんだと感心した:-)。これまでの行動で、さんざん猪突猛進の若造というレッテルを貼られていたホリエモンだが、1,400億円強という実を取ることで当初の目論見に拘らず手打ちにすることにしたわけだ。まあ、「お金第一」という観点からは、何も変わってないとも言えるが(笑)。いずれにしても、「想定内でも良い方」というホリエモンの発言は本音だろう。1,400億円のキャッシュはとてつもなく大きい。しかもリーマンからの借金は、報道の通りリーマンがほとんど株式に転換しているのであれば、返済の必要はないから、そっくりそのまま次の手に使えるわけだ。

>>> 続きを読む

2005年04月12日 (火曜日)

FOMAからWINに乗り換え

もうだめだ。。携帯電話をFOMAからWINに変更した。

自分が不便なだけならまだ良いが、圏外が多くて繋がらなかったり、電話を取った瞬間に切れたり、場所によってノイズが載るなどの症状など、相手に迷惑をかけている状況が改善されず、FOMAを使い続けることを断念した。電話番号が変わるので、他のキャリアに行くのではなくMOVAに戻そうと最初は思ったが、ソフトの動作確認などもあるので、auのWINにすることにした。

>>> 続きを読む

2005年04月09日 (土曜日)

ニッポンのサービス

シリコンバレーにいる友人が先月5年ぶりに日本に帰ってきたのだが、日本のサービスの質の高さに目を丸くした。

彼は言う。「例えば、茅ヶ崎駅の『みどりの窓口』でなんですけど、4つの電車の予約、しかも乗り継ぎの関連があるやつを、全く混乱なしに処理してしまったのは、目が覚めるような驚きでした。おまけに挨拶まで丁寧だったから、もう『参りました!』って感じです。こういうことは米国では絶対にありません。」

>>> 続きを読む

2005年04月06日 (水曜日)

社長室がないと上場できない!?

「社長室はありますか?社長室のあるなしも上場審査のチェック事項ですよ。」

今日会った某証券会社の人から出た話だ。

「うちは社長室はありません。なぜ、社長室が上場に必要なんですか?」と私。

>>> 続きを読む

2005年04月01日 (金曜日)

時を告げる仕事から時計を造る仕事へ

今日から、新しい経営体制が発足した。

いよいよ、第8期目のスタートだ。創業以来初めてのCOO (Chief Operation Officer)を立て、全ての組織を統括してもらう。私自身は、「時を告げる仕事」から、「時計を造る仕事」にシフトして、うちの会社が長い間世の中に価値を提供できるしくみをつくっていきたい。

>>> 続きを読む

ZDNet Japan グランドオープン

ZDNet Japanが、CNET Japanの運営でグランドオープンした。ZDNet Japanは、昨年1月までソフトバンクパブリッシングが運営していた有力メディアだ。その後ソフトバンクは「IT Media」に名称を変え、今回、ZDNet Japanは1年3ヶ月ぶりの「復活」となる。

新しいZDNet Japanを見た第一印象は、「CNETに似てる」ということだ(笑)。イメージカラーがZDNetのブルーになっているが、ページレイアウトやグラフィックの使い方は、CNET Japanのそれに大変近い。しかし、当然のことながらイメージではなく内容が大事だ。内容は、米国ZDNetの翻訳記事だけでなく、最初から日本独自のコンテンツにも力を入れているようなので期待したい。また、最初からRSS配信に対応しており、記事にトラックバックをつけられるのはGoodだ。

2005年03月27日 (日曜日)

The last Sunday of this fiscal year

今日は今年度最後の日曜となる。

今年度最後の休日出勤でもある。昨年10月から半年間続けてきた週末の出勤も今日で一旦終わりだ。うちの会社ももう7年目。7年目でかつ第7期の締めとなるこの半年、妻にぶつぶつ言われながらも続けてきた。実際には家でできる仕事も多いのだが、昨年10月に大きな組織変更をし、多くの社員メンバーにも大きなプレッシャーを強いるなか、自分自身に課したのがこの半年の結果への責任と、半分願掛けのような週末出勤だ。

>>> 続きを読む

2005年03月25日 (金曜日)

サバティカル休暇

今日、創業以来初めてサバティカル(sabbatical)休暇の申請が出た。サバティカル休暇とは、6年間勤めた社員が7年目に4週間連続の特別な有給休暇を取れる制度だ。

サバティカル休暇の申請が出たということは、あたりまえのことだが、7年目を迎える社員が出始めたということだ。そう、あたりまえのことだが「もうそんなに経ったか~」と、感慨ひとしきり。

>>> 続きを読む

2005年03月22日 (火曜日)

願うから叶う

「願うから叶う」、私の信条のひとつだ。「願わなければ叶わない」と読み替えてもいい。

今日食事をした知人(仮にAさんとしよう)から、娘さんの話を聞いた。

Aさんの娘さんは、この3月に大学を卒業し就職となる。関西生まれ関西育ちの娘さん、大学は関東の大学に行ったのだが、この4月から関西の会社への就職が内定していた。ところが3月に入ってAさんに「浦和レッズに就職する」と連絡してきたのだ。

>>> 続きを読む

2005年03月20日 (日曜日)

高菜チャーハン 〔今日のブランチ〕

高菜チャーハン。好物の一つだ。

サンプロを見ながら。ここのところサンプロの話題はライブドアが多い。まあ、サンプロに限らず報道番組はライブドアのシェアが極めて高いわけだが。それにしても、ライブドア = ITベンチャーというのがすっかり定着してしまった。

>>> 続きを読む

2005年03月16日 (水曜日)

【祝】ネクステック上場

友人の山田さんが社長を務めるネクステックがめでたくマザーズに上場した。初値がつかないほどの人気だ。

ネクステックは、主に製造業のPLM(Product Life-cycle management)に関するシステムコンサルティングを提供する会社。昨今のIT業界の不祥事のために上場審査はかなり厳しかったようだが、今日上場にこぎつけた。山田さんは、アクセンチュアやパラメトリックテクノロジーでの経験を活かし、2000年にネクステックを創業。社業としてコンサルティングを提供するだけでなく、東大で客員教授としてMOTを教えるなど後進の育成にも余念がない。

>>> 続きを読む

2005年03月15日 (火曜日)

とんかつ定食 〔今日のランチ〕

大井町のとんかつや「美竹」のとんかつ定食、900円ナリ。

某社の取締役会に出席したあと、帰り道で。他社の取締役会に参加することは、経営上役に立つし勉強にもなる。自社や書籍では得られない経験も少なくない。

>>> 続きを読む

2005年03月07日 (月曜日)

ニッポン放送買収劇の裏にブログの台頭あり?

ニッポン放送買収劇の裏にブログの台頭あり?」今朝の日経ビジネスExpressの配信でこんなタイトルが送られてきた。

興味をひかれて、ついクリック。記事は「2人のブロガーに会った。片や磯崎哲也氏、他方は山本太郎氏・・・」と、始まる。

磯崎さんのブログ「isologue」は、私も以前から立ち寄りブログの一つだが、最近はニッポン放送買収劇の話題と関連情報をほぼ日次ベースで整理してあり、実際かなりのアクセス数を獲得しているようだ(Alexaランキング4桁入りしたらしい)。ここのところのアクセス急増は明らかに今回の件の記事への興味で、その意味でisologueの影響も大きいと言える。そのブロガー本人と会ったということだし、さらには物議を醸したライブドアCFOのブログといった、この件に関してのブログの影響について掘り下げた記事かと思ったら、そうでもなかった。

>>> 続きを読む

2005年03月05日 (土曜日)

ささやかな社会貢献

ライトワークス社長の江口さんから東京グリーンシステムズという会社の紹介を受けた。

東京グリーンシステムズと言う会社は、東京都や多摩市が出資する第三セクター方式による「重度障がい者雇用モデル企業」として設立された会社で、グリーンビジネスを主体とした事業展開を行っているとのこと。例えば、写真(江口さんからいただいたミニバラ)のようなギフトフラワーの販売や観葉植物のレンタルを行っている。

>>> 続きを読む

2005年03月04日 (金曜日)

最も重要なことは「やっているふり」!?

某社の東証一部指定記念&本社移転記念&創立6周年記念というトリプルめでたい席に参加させてもらった。メインイベントは、最近売れっ子の橋下弁護士の講演。

演題は「個人情報保護法について」ということで極めて硬い。あのおちゃらけ(もちろん演出だが:-)弁護士からいったいどんな講演が聞けるのかと楽しみにしていた。

>>> 続きを読む

2005年02月27日 (日曜日)

Click for large image

桃の花に思う「農業は博打である」という側面

実家の畑を歩いていたら、もう桃の花が咲いていた。

きれいな桃の花を眺めながら、「農業経営はベンチャー経営に似ている」とあらためて考えた。特に毎年植えるものを変えられない果樹系はその色合いが濃い。

3年後、5年後に売れる品種を選び苗を購入し植える。畑は限られているし、ある程度のボリュームがないと出荷できないので、特定の品種に絞り込む。未来に向けた「投資」であり「賭け」である。

>>> 続きを読む

2005年02月25日 (金曜日)

冥王星は惑星ではない?

Japan Times Weekly (紙版)より

「冥王星は惑星ではない」として5年前から惑星の展示から外しているのは、New YorkにあるAmerican Museum of Natural HistoryでHayden Planetariumを担当するNeil deGrasse氏。

>>> 続きを読む

2005年02月22日 (火曜日)

ヅラはいいけど、ヒゲはだめ

某社の取締役Y氏と恵比寿で食事。その中での話。

投資先の社長を見るときに、「ヒゲはマイナスポイントですね。でもね、ヅラはプラスポイントなんですよ。」とのこと。

会社を興す前に「JAFCOが投資しない3種類のベンチャー社長」という話を当時JAFCOに勤めていた友人から聞いた。その3種類とは、

>>> 続きを読む

2005年02月17日 (木曜日)

ミックスサンド 〔今日のランチ〕

六本木の某ホテルで行われたwebMethodsのカンファレンスに参加したところ、六本木ヒルズでの昼食券1,000円分をもらったのだが、メール処理などをしているうちに時間がなくなりランチを食べ損ねてしまった。

その後会場では時間なく、結局ランチはタクシーで移動中にコンビニのサンドイッチに。

>>> 続きを読む

2005年02月16日 (水曜日)

【祝】ディー・エヌ・エー上場

今日、ディー・エヌ・エーが東証マザーズに上場した。

ディー・エヌ・エーは、オークションサイト「ビッダーズ」や、リサイクル情報サイト「おいくら」などを運営するベンチャー企業だ。ディー・エヌ・エーとインフォテリアは、NTVPという同じベンチャーキャピタルの投資を受けているが、実はディー・エヌ・エーとうちの関係は共通の株主がいるという以上に深い。

>>> 続きを読む

2005年02月15日 (火曜日)

炊き込みご飯とトンコツうどん 〔今日のランチ〕

炊き込みご飯とトンコツうどんのセット、煮物(かぼちゃ)1品、和え物(もやし)1品、漬物付き。750円。

たまには違う店でランチをとってみようと思い、少し歩いたところにある「カジュアルキッチン ドータ」という店に初めて入った。

>>> 続きを読む

2005年02月14日 (月曜日)

St. Valentine's Day

最近はバレンタインデーを意識することはほとんどなくなった。

意識するとすれば、この商機に対して各社がネット上でどう展開しているのかとか、最近市場の傾向はどうかといったようなことになってしまう(笑)。

ところで、日本でバレンタインデーにチョコレートを贈るということを最初に仕掛けたのはメリーチョコレート(昭和33年)だそうだが、IT業界ではメリーチョコレートは早くからITを導入し成功しているチョコレート会社としても知られている。

>>> 続きを読む

2005年02月12日 (土曜日)

アサリと菜の花のスパゲティ 〔今日のランチ〕

洒落た春の香り「アサリと菜の花のスパゲティ」を少し遅めのランチで。博多の風情にはちょっと合わないと言うと地元の人に怒られるだろうか(笑)。

今朝4:52分熊本駅発の特急有明2号で博多に向かい、午前8時から某社の副社長と玄界灘を望むコースを回った。コースが空いているので、なんと正午には18ホール終了。博多市内に帰ってきてランチとなった。

>>> 続きを読む

2005年02月11日 (金曜日)

初スカイネットアジア

中学校の同窓会で熊本に帰る。卒業以来2回目、25年ぶりの学年同窓会だ。

東京から熊本と宮崎だけに飛んでいるスカイネットアジア航空というローカルな航空会社がある。スカイマーク、エアドゥに続いて設立されたローカル主体のベンチャー航空会社だ。以前から利用したかったのだが今回初めて乗った。システム化を抑えたり機内のサービスを減らすなどのコスト削減で低料金を実現している。

>>> 続きを読む

2005年02月10日 (木曜日)

XMLは7歳

今日でXMLは7歳を迎える。早いものだ。(写真は、XMLの誕生日と同じ名前のバー@池袋)

1998年2月10日にW3Cの勧告となったXMLは、7年を経ていまやITのあらゆるシーンを支える技術となっている。新しいソフトウェア技術においてXMLが無関係なものを探すのが難しいくらいだ。「ブログ」「SOA」「グリッド」「ユビキタス」などどれをとってもXMLが密接に関わっている。

>>> 続きを読む

2005年02月06日 (日曜日)

「ブショネ」を見分ける 〔人物編〕

ふと思ったのだが「ブショネ(bouchonné)」は人物にもある。

一見、上質のもののようだが開けてみると少しカビ臭いという人に会うことがないだろうか?人物の「ブショネ」、見分け方はいろいろあるだろうが、私が気になっていることをいくつか挙げてみる。

>>> 続きを読む

2005年02月03日 (木曜日)

山岸さんGREEへ

CNET Japan編集長の山岸さんから、GREEの取締役副社長に就任したとのメールをもらった。

慶応SFC時代からの友人である田中さん(GREE代表取締役社長)とともに株式会社化したGREEの創業の思いが語られている。

>>> 続きを読む

2005年02月01日 (火曜日)

いつものおにぎり 〔今日のランチ〕

外に出て食べている時間がなく、いつものおにぎりセットを買ってきてもらった。しゃけ、こんぶのおにぎりに、鳥のからあげ、昆布巻き、おしんこ。

あっという間に1月も終わり、今日から2月。2月も28日しかなく、年度末がもうそこに見えてきている。残り日数は、weekdayで40日、営業時間換算だと300時間しかない。少しでも多くの人に、製品の価値を届けるために、限られた時間をどう使うかもう一度しっかり考えよう。

2005年01月30日 (日曜日)

奢れるものは久しからず

最初に記事「『それがPSPの仕様だ』、久多良木SCE社長がゲーム機不具合騒動を一蹴」を読んだとき、これはまずいなと思った。

「僕(久多良木氏)」を「著名建築家」、「クレーム」を「難癖」にマッピングするあたりは、すっと受け入れ難い表現である。実際、PSPは久多良木氏の自信作なのだろうし、あのサイズであれだけのことができるのはさすがだ。しかし、経営者の立場としての発言としてはかなり疑問符をつけざるを得なかった。そして案の定、今週世間では騒ぎになった。2ちゃんねるで騒がれているくらいならいいが、数多くのブログでも取り上げられ、不買運動まで起こりそうな勢いである。週明けには、TVでも取り上げられてしまうかもしれない。

>>> 続きを読む

2005年01月19日 (水曜日)

未来へつながるグリーンのドア

所用でMiracle Linuxの新オフィスを訪れた。

汐留再開発地区の一角にある新しいビル。エレベータを降りると木製の大きなグリーンのドアが目の前にある。しかし、受付はこのドアの先ではなく、この左側にある。いったいこのドアは何だろう?

>>> 続きを読む

2005年01月16日 (日曜日)

残念なこと - 青色発光ダイオード(LED)訴訟和解

いよいよ青色発光ダイオード(LED)訴訟が和解となった。結果は大きな注目を集めているが、残念なことが3つある。

第一に、今回のマスコミ報道の不正確さである。

(私の見聞きした限り)マスコミ報道では、青色発光ダイオードが中村氏の特許のみで実現されたものではないことには触れていない。青色発光ダイオードが「世紀の大発明」というのはその通りだが、中村氏の特許以外に必要な発明があったという事実に触れていない。中村氏が全てを発明したという論調である。また、ある報道番組では、「中村氏の貢献は5%で残りの95%は会社ということ」と言っていたが、妥当かどうかは別として単に中村氏の貢献度が5%と言っているだけだ。この問題は大切な問題であるがゆえに間違った情報をばら撒くことで不要な誤解を助長することにもなる。

>>> 続きを読む

2005年01月07日 (金曜日)

Salesforce.comとの提携 〔日経産業新聞〕

今朝の日経産業新聞に、Salesforce.comとの提携の記事が掲載された。図版付き6段と大きめ。「業務ソフトの期間貸し(ASP)サービス」と書いているのには笑ったが。

これは、Salesfoece.comが提供するCRMのASPとユーザー企業の社内システムの連携を行うもので、今後ASPが増加するに伴ってニーズも増加、高度化する分野だ。ASTERIAもこれまでいろいろなアプリケーションとの連携を進めてきたが、ASPで提供されるアプリケーションとの連携はこれが最初である。

きっかけは宇陀さんの一言だった。

>>> 続きを読む

2005年01月05日 (水曜日)

電子メール年賀状は葉書年賀状に劣るか?

昨年まで会社の年賀状をFlashを使った電子年賀状にしていたのだが、今年は営業現場の意見を尊重し葉書に戻した。私自身、ITが進化する中で、逆に「ハイタッチ」が重要性を増していると考えていることもあり、戻してみてどう違うのか興味もあった。

起業して最初の年は設立の挨拶も兼ねて3,000枚程度の年賀状を出した。その後、どんどん枚数が増えて来て葉書代も嵩んで来たので、電子メールでのご挨拶に加えFlashでパズルを作って解いた人には景品も当たるという形態にしたのだった。(例:一昨年の年賀状

>>> 続きを読む

2004年12月27日 (月曜日)

青色発光ダイオード訴訟和解へ

成り行きを注目していた青色発光ダイオード訴訟が和解することになった。私としては、200億円は妥当ではないと考えていたが、逆に特許の対価が明らかにならないのもいかがなものかと考える。ここまで来たら他の類似ケースのため、今後のためにも特許の対価に一定の基準を示してほしかったのは私だけだろうか。

nikkeibp.jp:中村修二氏と日亜化学が和解へ

2004年12月18日 (土曜日)

Click for large image

クリスマスの景色も変える青色発光ダイオード

今年は、青色発光ダイオードがにわかに話題になった年だったが、その青色発光ダイオードがクリスマスの景色も変えている。去年までは見かけなかった、青色に輝くクリスマスツリー(写真は銀座ノエビア前のツリー)をいたるところで見かけるようになった。これまで、ツリーの電飾といえばオレンジ色や色つき電球のカラフル色と相場が決まっていたのだが、一面に強い青色の光を放つツリーは独特の幻想的な雰囲気を醸し出している。

>>> 続きを読む

2004年12月05日 (日曜日)

IT起業家向けの新サイトを開設!?

これは面白い。新聞辞令(?)で是非実現してほしいものだ(笑)。

でもIT起業家向けのサイトってどういうものだろう。アントレnetみたいなもの?(違うなぁ) ドリームゲートみたいなもの?(う~む><) RED HERRINGみたいなものだと嬉しい(笑)。

2004年12月04日 (土曜日)

開示の問題なのか?

日本経済新聞は12月3日朝刊(1面)から「開示不信」という短期特集を組んで、企業の情報開示についての問題提起を行っている。

西武、カネボウ、メディアリンクス、アソシエント・・・公開企業の虚偽報告が立て続けに明らかになっており、この記事だけでなく「徹底した情報開示を」との声がまた強まっている。しかし、これは開示の問題なのか?いずれのケースでも、情報を開示しなかったということではなく意図的に虚偽の内容での情報開示を行っていたものだ。情報開示のお手前は守りながら内容に不正が行われていたものだ。金融庁の通達にもあるように「徹底した審査、監督を」というのが筋で、「徹底した情報開示を」というのはそれそのものは重要だが、今回の問題の対策としては少しずれているような気がする。

2004年11月27日 (土曜日)

和みの会

今日は都内某所で「和みの会」だった。@IT社長の藤村さんが参加できないとのことで、今回の代表幹事は、IT Media編集長の浅井さんと私の2人。和みの会では、自分の身辺に変化があった人は近況報告するしきたりになっている。今回もこの近況報告を日本オラクル社長の新宅さんの乾杯の前にやったのだが、出るわ出るわ、乾杯までに30分以上かかってしまった(笑)。

>>> 続きを読む

2004年11月20日 (土曜日)

GREE株式会社化で巻き返しなるか

GREEの株式会社化が発表された。(IT Mediaの記事

記事を読んで楽天の子会社としての発足かと思ったら、一応楽天は10%しか出資しない独立会社。いわゆるスピンアウト型のスタートアップだ。新しいベンチャー企業の誕生ということで、まずはめでたい。夏以降mixiとの差が広がっており(図)、やはり個人の運営では限界があるのではないかと想像していた。

>>> 続きを読む

ポインセチアの市場規模は?

大井町も駅のあたりを中心にしてクリスマスの雰囲気が濃くなってきた。

花屋はどこもポインセチアでいっぱいだ。いや、花屋だけでなくスーパーもレストランもカフェにもお客さんのいそうな場所にはどこでもポインセチアを見かける。もしかしたら季節の花としてはいまや最も大きな市場を形成しているのではないか。クリスマスを感じつつそんなことを考えてしまうのは職業病か(笑)。

>>> 続きを読む

2004年11月15日 (月曜日)

それでも夢を語り続けることができるのか

時を重ねれば、変化もある。困難もある。現実もある。

「それでも夢を語り続けることができるのか」

経営者が語り続けなければ、もう誰も語らない。

2004年11月13日 (土曜日)

アリエル・ネットワーク

昨日、ワークスアプリケーションズが国産P2Pパッケージベンダーアリエル・ネットワークを完全子会社化することを発表した。アリエルの全株式をワークスの595株と交換するということで、時価総額は約2億円となる。これまでに開発した技術がより活かされることを願ってやまない。

今週の「敗軍の将」

今週の日経ビジネスの「敗軍の将、兵を語る」は、「ほりえもん」こと堀江貴文氏。

相変わらずの「ほりえもん節」に思わず笑ってしまった。日経ビジネスで『あれっ?みたいな。』だもんね。「敗軍の将、兵を語る」を読んで声を出して笑ったのは、これが初めてじゃないかな。これだけ個性が強いので賛否両論、議論百出なのはよくわかるが、この超個性もValueの一つであるのは間違いない。

2004年10月29日 (金曜日)

実印を自分で押さない社長?

NTVPの村口さんからメールをもらった。投資先の経営者全員への配信だ。

「実印の管理押印が社長自ら出来ていない経営者の経営力は弱い」と専門家から指摘を受けました。
実印の押印管理を人任せにしている経営者は、たしかに経営者としての執念が弱いのかもしれません。ベンチャー企業にとって経営実務作業の中で一つ一つの実印の押印作業は、大企業の組織稟議制度と異なり、一つ一つが経営の命運を分ける重要な作業の瞬間であるに違いありません。それを軽んじていては、ベンチャーの経営は危ういのかもしれません。社長自ら、実印の押印には、全責任と使命感を持って望むべきなのでしょう。

>>> 続きを読む

2004年10月26日 (火曜日)

外国人にはこの名前「Pinaさん」

今朝の日経産業新聞21面に私のニックネーム「Pina」に関する記事が掲載された。ビジネス用に本名とは別に使う「ビジネスネーム」の特集で4人紹介された中の1人だ。

日経産業新聞 2004年10月26日 朝刊 21面より
仕事のときだけ使う”ビジネスネーム”。「会社の認知度を上げたい」「商品や自分を売り込む作戦」など、目的は様々。だが、ビジネスを有利に展開したいとの思いは共通だ。本格的なビジネスネームは無理だとしても、名前の一部をひらがなで表記したり、同じ読みの違う漢字を使う程度でも立派なビジネスネーム。そんな仕事だけの名前を使うと、どんな差が出てくるのだろう

>>> 続きを読む

2004年10月23日 (土曜日)

アソシエント・テクノロジー粉飾決算

アソシエント粉飾決算、全常勤取締役が辞任 from NIKKEI.NET

昨年6月にマザーズに上場したソフトウェア受託開発を主業務とするベンチャー企業、アソシエント・テクノロジーの決算で1億7千万円もの利益の過大計上が発覚し、全常勤取締役が辞任した。報道によると、粉飾は2004年7月期だけでなくそれ以前から行われていたらしい。大分県から初のマザーズ上場ということで九州では注目されていたが、こんなことになるとは。。

>>> 続きを読む

2004年10月02日 (土曜日)

IMPOSSIBLE IS NOTHING

IMPOSSIBLE IS NOTHING」 - アディダスのプロモーションテーマである。CNN以外のTVをあまり見ないので、こういうCMをやっていることを今まで知らなかった。曰く、

「不可能とは、   自分の力で世界を切り拓くことを放棄した、臆病者の言葉だ。」

「不可能とは、   現状に甘んじるための言い訳に過ぎない。」

「不可能とは、   事実ですらなく、単なる先入観だ。」

>>> 続きを読む

2004年09月14日 (火曜日)

夏季休暇

今日から4日間夏季休暇である。正確に言うと3日間の夏季休暇+1日の有給休暇。インフォテリアの夏季休暇は、7月~9月のうち任意の3日を連続で休むことになっている。会社としてはこの夏季休暇3日に有給休暇2日をつけて一週間まるまる休むことを推奨しているのだが、どうしても出なければならない会議が月曜にできてしまったので、火~金の休暇となった。

>>> 続きを読む